SE 転職

SEの転職先の失敗しない選び方、ご存じですか?

「残業が多すぎ」「でも残業代は出ない」「単価アップしても給料は上がらない」「スキルが偏ってしまう」など、将来の不安を抱えながら前職で客先常駐SEをしていた私は入社4年目に転職活動して、現在では大手WEB系企業の自社開発SEとして勤務しています。前職よりも年収は100万円以上アップし(350万円→470万円)、定時帰りが当たり前になりました。しかし前職で同期入社した友人は転職活動に失敗してから短期間の転職を繰り返し、現在も中小下請けSEとして働いています。

SE転職で失敗しないためには転職先の選び方が重要です。今よりも高待遇(年収アップや残業減)を実現するにはSEのキャリアを生かして転職することが基本で、以下2通りのパターンが転職に成功しやすいです。

  • IT業界で転職するなら自社開発SE
  • 異業種に転職するなら社内SE

(詳しくは失敗しないSE転職先の選び方を参照)

そして自社開発SE/異業種の社内SEどちらに転職するにせよ、会社選びが最重要です。入社してから「こんなはずじゃなかった・・・」というリスクを避けるためにも転職前のリサーチが大事で、企業情報を豊富に持っている転職エージェントの活用が必須です。
(詳しくはSE転職に必須の転職サイト・エージェントを参照)

ここでは元・客先常駐SEの私が転職で残業減&年収アップを実現した話と、転職活動で学んだシステムエンジニアが転職に失敗しない方法をまとめています。これから転職活動するSEのあなたの参考になれば幸いです。

このページの目次

残業減&年収アップを実現した話

  1. 転職に成功した私と、失敗した同期
  2. 脱出すべき?客先常駐SEを続けるリスクとは?

SE転職先の選び方

  1. SEのキャリアを捨てた転職は失敗確定?
  2. SE転職先の選び方【自社開発SE/社内SE】

転職に成功した私と、失敗した同期

中小下請けの客先常駐SE→大手企業の自社開発SEに転職

新卒で中小SIerに入社した私は、まともな研修もなく下請けSEとして客先にぶち込まれ、そこで右往左往しながら客先常駐SEとしてシンドイ日々を過ごしていました。だいたい3ヶ月~1年程度の周期でさまざまな現場を転々としていました。

残業が当たり前の現場が多かったですが、裁量労働制のため残業代も出ず、とはいえ客先常駐SEなので勝手に帰ることもできず、肉体的にも精神的にもただただ消耗する日々を送っていました。

入社4年目の春に転職活動をして、現在は大手WEB系企業の自社開発SEとして勤務しています。年収は100万円以上アップし、ほぼ定時帰りの日々を過ごしています。以前は家族が寝静まってから帰宅することが日常でしたが、今では毎晩家族と夕食を食べることができていますし、仕事帰りにスポーツジムに通い健康的な生活をしています。

同期は転職に失敗

もちろん転職に成功できたのは、客先常駐IT土方として下積みを経験してスキルを身に着けたからこそですが、同じ客先常駐SEだった同期入社の元同僚は、最初の転職に失敗してブラックベンチャーに捕まってしまいました。スキルアップできず年齢だけ上がってしまい、大手にはもう転職できず、その後ブラックベンチャーは脱出できたものの現在も中小下請けSIerを渡り歩いています。

彼とはスキルも経験も変わらなかったはずなのに、なぜこうなってしまったのか?

SEの転職にスキルやキャリアが大事なのはもちろんですが、何より転職先の選び方が最も重要なのです。私はとにかく客先常駐SEを辞めたかったのと、転職に失敗したくなかったので、転職活動前の情報収集を徹底しました。

以前の私と同じく、中小下請けSIerで不遇な日々を過ごし、転職を検討中のSEの方の参考になれば幸いです。

脱出すべき?客先常駐SEを続けるリスクとは?

客先常駐SEの苦悩。我慢すべきか脱出すべきか?

  • 単価アップしても給料は上がらない。責任と労働時間だけが増えていく・・・
  • 残業多すぎ。毎日終電。子供が生まれたけど家族と時間を過ごせない。
  • なのに裁量労働制で残業代がつかない。全てサビ残。時間拘束されてるのに裁量労働?
  • 正社員なのに派遣扱い。入社してから自社に行ったの10回未満。俺の会社どこだっけ?
  • 客先常駐で型落ちPCを支給される。パワポ開くのに30秒。これで開発しろと?
  • 名刺交換できない下請け中小SIerの悲哀。多重請負で自社の名刺を出すの禁止。
  • 保守運用。決められたコマンドを入力するだけの簡単なお仕事。スキルが身に付かない・・・
  • プログラムも組めないお飾りPM・PLにアゴで使われる。

私が中小下請けSIerに勤務していた頃の悩みです。
あなたも客先常駐SEなら、同じような悩みを抱えているかもしれませんね。

常駐SEをやっている以上、このような悩みは仕方ない・社会人として我慢すべきと思う人もいるかもしれません。

しかし、実は客先常駐SEとして働き続けること自体がリスクなのです。

中小下請けで客先常駐SEを続けるリスクとは?

給料が上がらない

下請けSIerの場合、クライアント→元請け→二次請け→三次請け・・・のように、クライアントから自社の間に数社存在していて、それぞれにマージンを取られます。したがって仮にクライアントが人月100万円で発注していたとしても、100万円→80万円→60万円→40万円のように中間マージンを差し引かれて自社に入る金額は減ってしまいます。

本来なら単価100万円のSEのはずが、下請けにいる限り単価40万円しか稼げないSEとなってしまいます。どれだけスキルアップしたり会社に貢献したとしても、給料が手取り20万円から上がらないというSEも多いですよね。

スキルが身につかず転職できなくなる

開発環境は客先に依存するため、特定の言語やツールしか使えずスキルが偏ってしまう人もいます。そして客先常駐SEは基本的にマネジメント経験は積めません。30代後半の方なのにいち作業者として20代の若手と同じ立場で働く客先常駐SEを見たこともあるかと思います。そして年齢に相応しいスキルやキャリアが身についていないと、他社に転職できなくなります

将来リストラの可能性大

40歳以上になると客先常駐といえども受け入れ先が非常に少なくなります。マネジメント経験も無く、20代の若手と同じ仕事しかできないなら、単価が安くて健康な若いSEを雇いたいというのが会社側の本音です。受け入れ先が無い場合は自社で待機することになりますが、その期間が長引けば長引くほど、リストラされる可能性が高まります

つまり客先常駐SEとして勤務すればするほど転職市場では不利になっていくということです。現在、客先常駐SEとして働いている人は、一日でも早く脱出することをおすすめします。

SEのキャリアを捨てた転職は失敗確定?

SEのキャリアを捨てて転職するのはおすすめしない

SEとしての生活に疲れた人の中には、エンジニアとしてのキャリアを捨てて、0から新しい職種で再スタートしたいという人もいるでしょう。例えば楽なイメージがある事務職や、顧客に振り回されない研究職などを希望する人も多いですが、スキルの無い未経験者を中途採用するくらいなら自社の社員を育てますし、また特別なスキルのいらない事務職は正社員ではなく派遣を使います。

まだ20代ならポテンシャル採用で未経験の職種に転職することもできますが、採用されても基本的に新卒と同じ待遇になります。そして30代以上になると未経験での転職はほぼ不可能です。中には未経験の30代を採用するような会社もありますが、そのような会社は離職率が高くまともな応募者も来ない人材使い捨てのブラック企業の可能性が非常に高いので気をつけましょう。

SEのキャリアを活かして転職すること

SE業務で培ったスキルを活かして転職することで、今より高待遇かつキャリアアップを狙える転職が可能になります。

SEのキャリアを活かして転職する場合、同じIT業界で転職したい人もいれば、IT業界から異業種へ転職したい人もいるでしょう。SE転職の成功率が高い転職先は、IT業界で転職するなら自社開発SE異業種に転職するなら社内SEがおすすめです。

SE転職先の選び方【社内SE/自社開発SE】

異業種に転職するなら社内SEがおすすめ

IT業界を脱出して異業種に転職するなら、社内SEがおすすめです。IT以外の業種では社内の情報システム部門として募集しています。

社内SEは業界選びが重要

社内SEとして転職する場合、業務知識が豊富な方が有利になります。SIer出身で長期にわたり特定業界のシステム開発に従事しており、その業界の作法や業務知識に詳しい人はスムーズに転職できるでしょう。

また、業界によって社内SEの待遇や将来性が異なります。年収アップを目指すなら、銀行・証券・保険会社といった金融業界が年収レンジが高いのでおすすめです。いわゆる金融SEというやつですね。

会社によって社内SEの扱いが異なる

そして会社選びも重要です。情報システム部門を非生産部門(利益を生み出さないコストセンター)として扱う会社も中にはあります。そのような会社では、社内SEは単なる事務職扱いで評価も低く、給料も上がらないというケースもあります。いずれ外部にアウトソーシングして社内SEを減らす方向に行く可能性もありますので、そのような会社は避ける方が無難です。

以上のように、社内SEとして転職する場合、会社の見極めが重要ということです。一人で会社情報を集めるのは非常に困難なので、転職エージェントを利用して会社の詳細情報を手に入れることをおすすめします。

SEから異業種の転職に役立つ転職サイト・エージェント

  1. type転職エージェント

    type転職エージェント

    異業種の社内SE・IT業界内でキャリアアップ転職におすすめ

    多様な業界の求人を扱う総合型のエージェントですが、社内にIT専門チームを抱えており、IT・WEBエンジニア転職に強いtype。IT職種以外の求人も幅広く扱っているので、IT業界内だけでなく異業種の社内SEに転職するのにも最適なエージェントです。
    対応地域:関東圏

    type転職エージェントの公式ページはこちら

  2. アデコ

    アデコ

    SEの異業種転職・IT業界内での転職・地方での転職なら

    技術系(IT&エンジニアリング)だけでなく管理系(HR&ファイナンス)、営業系(セールス&マーケティング)と3つの専門分野それぞれに専任のキャリアコンサルタントが在籍しており、SEの異業種転職・IT業界内での転職どちらもサポートしてもらえるエージェント。
    対応地域:全国

    アデコの公式ページはこちら

  3. リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    異業種への転職・地方での転職におすすめ

    転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多いのでIT業界から異業種に転職を考えている人に最適です。全国の求人に対応しているので、地方へのUターン・Iターン転職をお考えの方にもおすすめです。
    対応地域:全国

    リクルートエージェントの公式ページはこちら

SE転職に必須の転職サイト・エージェント比較ランキング

IT業界で転職するなら自社開発SEがおすすめ

プログラミングが好きな人や、開発スキルを生かして転職したい人は、自社開発SEがおすすめです。

自社開発SEがおすすめな理由

自社開発SEとはECやメディア、ソーシャルゲームなどのWeb系の事業会社や、自社でアプリケーションを開発して販売しているソフトウェア開発会社があります。

自社開発SEのメリットは、自身の市場価値を上げることができるということ。特にWeb系の事業会社の自社開発SEは、常に最新の技術に触れて開発スキルを上げることができ、そして企画部門との要件定義などシステム開発の上流工程から携わることもできます。また、自社のプロダクトに愛着を持てるという点もおすすめです。

ただし、中には開発自体は協力会社にさせて、正社員は派遣エンジニアの管理だけしかさせないという会社もあります。そのような会社ではスキルアップは望めないため市場価値は上がらず、どこにも転職できなくなる可能性もありますので避けた方がよいでしょう。

ITコンサルタントは見極めが重要

ITスキルを生かして経営に近い上流の仕事がしたい、という人はITコンサルタントがよいでしょう。アクセンチュアなど外資系のITコンサルタントは年収レンジが高いので、年収アップを狙うのであればITコンサルティング会社に転職するのがおすすめです。

しかし中小ITコンサルティング会社に多いパターンとして、ITコンサルタントとして採用しておきながら、実態は単なる客先常駐SEをさせる企業も多いので注意が必要です。名ばかりコンサルというやつですね。

以上、自社開発SEとして転職する場合もITコンサルタントとして転職する場合も、会社の見極めが重要なポイントになります。IT業界での転職に強いエージェントから会社の実情を引き出して、転職先でキャリアアップが望めるのか検討しましょう。

IT業界での転職に強い転職サイト・エージェント

  1. レバテックキャリア

    レバテックキャリア

    関東圏でIT業界内で転職に最適

    IT・Web系に特化した転職エージェント。IT業界で勤務経験のある担当キャリアアドバイザーが、あなたの強みを引き出して選考でどのようにアピールすればいいか、今後どのようなキャリアプランを目指せばいいかアドバイスしてくれます。
    対応地域:関東圏

    レバテックキャリアの公式ページはこちら

  2. type転職エージェント

    type転職エージェント

    IT業界で年収アップ転職・客先常駐脱出を狙うなら

    IT業界専門のキャリアコンサルタントが多数在籍しており、下請けSEから大手企業の自社開発SEにキャリアチェンジ、メンバークラスからプロジェクトリーダーにキャリアアップなど、IT業界で転職する人におすすめの転職エージェントです。
    対応地域:関東圏

    type転職エージェントの公式ページはこちら

  3. Green

    Green

    IT・Web系求人に特化した転職サイト

    WEB系の求人に強いIT業界特化型の転職サイト。大手企業から成長ベンチャー企業まで、エンジニアの求人が豊富。自分のスキルを生かしてどのようなキャリアを狙えそうか、転職活動を本格的に始める前にとりあえず求人をチェックしてみたい人は登録をおすすめします。
    対応地域:全国

    Greenの公式ページはこちら

SE転職に必須の転職サイト・エージェント比較ランキング

まとめ:SE転職に成功すると

給料アップが目指せる

下請けSEの人は元請けに転職することで、事業会社の自社開発SEは外資系ITコンサルティング会社など年収レンジの高い企業に転職することで年収アップが実現できます。そして残業代が出ない会社にいる人は、残業代が満額出る会社に転職することでも収入を増やすことができます。私の場合は中小下請けSIerからWEB系の大手企業に転職することで年収100万円アップすることができました

定時帰りが当たり前に

中小零細企業は残業が当たり前、定時に帰宅することは珍しいですよね。特に客先常駐をしている場合、自分の都合で早く帰るのはなかなか難しいです。社内SEなら障害対応でも無い限り、定時に帰っても問題ありません。そして大手企業ほどコンプライアンスに厳しくサービス残業はさせないように努力しています。

スキルアップ・キャリアアップして転職先に困らない

客先常駐SEは極端に言えば時間を切り売りしてお給料を貰っている状態です。そのため仕事の忙しさとスキルアップが比例しないのが致命的です。例えば誰も読まない設計書を作成したり、テストのエビデンスとしてスクリーンショットを撮って貼り付けたりなど、誰でもできる仕事を何時間やろうと何のスキルにもなりません。

転職先をしっかりと見極め転職に成功することで、「開発スキルを高めたい」「マネジメント経験を積みたい」「より経営に近い立場で仕事をしたい」など自身のキャリアプランを実現するための環境で仕事をすることができます。そしてしっかりとキャリアを積み重ねていれば、歳をとっても転職先に困ることはありません

以上、私が転職活動で学んだSE転職に成功する方法についてまとめてみました。
あなたの転職活動の参考になれば幸いです。

SE転職に必須の転職サイト・エージェント比較ランキング

知って得する!SE転職ノウハウ

SEの転職に関して、知っておくと損しない情報をまとめています。通勤電車の中など暇なときにでも読んでみてください。

SEの転職活動

  • 転職を失敗してしまうSEの特徴は?
  • 20代、30代、40代など年齢別の転職活動の仕方は?
  • ブランクがあるSEや離職中SEの転職活動の進め方は?
  • スキル不足で書類が通らない場合は?
  • Uターン・Iターンを目的とする転職先の選び方は?
  • 結婚や出産などキャリアとの両立で悩む女性SEの転職タイミングは?

など、SEの転職活動に関する情報をまとめています。

異業種へ転職

  • 業務系SEから社内SE、院内SE、自社開発SEなどの内勤SEになるには?
  • ITコンサルタント、ゲーム開発、WEBデザイナーなど他のIT職種に転職するには?
  • 事務職、営業職、士業(税理士や弁理士)、公務員などIT系以外の職種に転職するには?

などSEから異業種へ転職する方法をまとめています。

年収を上げる

  • なぜ単価アップしても給料が上がらないのか?
  • 転職で年収アップするならどの業界が狙い目か?
  • 正社員・契約社員・フリーランス、どの雇用形態が稼げるのか?

など、SEが年収を上げる方法について記載しています。

残業を減らす

  • 残業代が出ないのは違法じゃないの?
  • 残業が少ない業種はどこ?

など残業に関する情報をまとめています。

客先常駐から脱出

  • 客先常駐SEのリスクとは?
  • 転職先を選ぶときに注意!客先常駐させる会社の見分け方
  • 偽装請負は告発すべきか?
  • 派遣法改正による影響は?

など客先常駐SEに関する情報をまとめています。

SE転職に必須の転職サイト・エージェント比較ランキング