05e4597f97c9f455e567e9422c3d5a21_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

WEBデザイナーはどんなスキルが必要?

「SEは35歳定年」という言葉があるほどで、一生働いていくのは難しい仕事です。一方で「WEBデザイナー」であればスキルを身につけて、相応のポジションを獲得できれば一生働いていくことは十分に可能です。同じIT業界ということで実際にSEから転職する人も何人かいます。

大雑把な言い方ですがSEもWEBデザイナーも「アプリケーションを開発する」という面では仕事が共通しています。WEBデザイナーの仕事をするためにはまず、デザインのスキルやプログラムのスキル、フォトショップやイラストレーターなど様々なツールを使いこなすスキルが必要です。特にプログラムのスキルについてはHTMLやCSS、JavaScriptなどを覚える必要がありますが、これらは一般的なPG言語ほど難易度が高いわけではありません。

SEのスキルやキャリアはWEBデザイナーに活かせるか

一言で「WEBデザイナー」といってもプログラムをする人(“プログラマー”や“コーダー”など)、デザインの仕事をする人(デザイナー)、WEBサイトを制作するにあたりプランを立てる人(プランナー)、そしてこれらをまとめる「ディレクター」まで様々な役職があり、プランナーやディレクターの仕事はSEとして積み上げてきたスキルやキャリアは活かせるはずです。

更にマネージメントのスキルや提案力、プレゼンのスキルなど特にWEBデザイナーとして今後も長くやっていきたい人にとってはこれらは重要になってきます。

ちなみにSEとして独立開業することはほぼ無理で、どこかの企業に所属しなければなりません。しかしWEBデザイナーの場合はフリーランスとして自分のスキルを売り込むことも可能で、SEよりも一人で稼いでいける将来性のある仕事です。

スキルが足りない場合は独学するか早く現場に飛び込むべきか

WEBデザイナーになるのに資格は必要ありません。独学で勉強した人や専門学校で学んだ人など様々ですが、誰でも最初はWEB制作会社(現場)へ入って経験を積んで成果を出した方が、上でも説明したプランナーやディレクターへの近道となります。

またWEBの世界は常に新しい技術やツール、トレンドが出てくるため日々勉強が欠かすことができず、実務を行うことで情報も早く得られるというメリットがあります。「いずれはフリーになりたい」という人でもまずはWEB制作会社に転職することをおすすめします。

ちなみにWEBデザイナーの求人数は多いですが、やはり自分が希望するWEB制作会社の求人を見つけることは難しいです。そんな時におすすめなのが「転職エージェント」を利用することで「クリエイティブ職に強い」「IT企業に強い」などといった転職エージェントに登録することで、一般に公開されていない非公開求人案件を紹介してくれる可能性や、WEBデザイナー業界のことなど様々な情報を教えてくれます。

また自分の現在のスキルからどれくらいの価値があるのかを判断してもらうことも重要で、価値があれば企業からスカウトされる期待も十分にあります。ぜひいくつかの転職エージェントに登録することをおすすめします。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら