3dcda2e40ab22fe60d8bef431a16d1e0_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

SEより営業に向いている人の特徴

「毎日の残業や休日出勤もして頑張ってるのにいつまでも給料が上がらない」など「自分は本当に今後もSEとして働いていけるのか」と不安に感じている人の中には転職を考える人もいるはずです。

SEが転職すると言っても様々な業種や職種がありますが「営業職」への転職という方法もあり、実際に何人も転職に成功しています。

ちなみに営業職に向いているのは「人の話を聞くのが好きな人」「自分と違った意見でも受け入れられる素直さのある人」で、これまでSEとしてお客様と何度も会って打ち合わせをしてきた経験は必ず活かせるはずです。

もし全く違う業種での営業になるのが不安であれば、IT業界での営業を目指す方法がおすすめです。

「システム営業」という言葉もありますが、システム導入を検討しているお客様の会社に対して現状業務の分析と問題点の洗い出し、そして最適なシステムの提案からハードウェアの選定までを行う営業になる方法や、IT機器の販売を行うメーカーの営業という方法もあり、一言で営業といっても選択肢は幅広いのです。

SE職より営業職が優れているポイント

実際にSEから営業に転職する人は何人もいる(この逆はあまりないようです。)のは、上でも説明したようにお客様と接する機会が多いと言う面で共通しているからです。

例えば客先常駐SEとしてこのまま客先で働いていくと、年齢を重ねれば派遣先がなくなる可能性が高いです。しかし営業であれば希望すれば定年まででも働くことが可能です。実際に営業職の求人はいつでも絶えることなくあります。

そして何よりも営業職は第一印象が大切で、お客様に「この営業マンの会社なら任せられそう」と思ってもらうためにはマナーや礼儀を身に着けて、適切な身だしなみを心掛ける必要があります。これは仕事に関係なく今後の自分の人生でも役立つシーンがいくつもくるはずで、これは他の職種にはない優れたポイントだと言えます。

一方で営業になれば毎月の給料が「基本給」+「営業手当」(手当の名前は様々)として一定額があらかじめ決められているため残業をしても給料に結びつかず、SEの頃よりも年収が下がる可能性はあります。

SEから営業へ転職するならおすすめの業界

営業職への転職は試験を受ける必要もなく、極端な話ですが「元気があればOK」の世界です。特に営業は「若い方が元気」という風潮もあるため、一度転職を決意したのであれば早く行動するべきです。

営業の求人数は多く、就職情報誌やサイト、ハローワークなどを利用して自分で探す方法はありますが、これらにある求人情報は実際にある求人情報のごく一部と言われています。

「転職エージェント」を利用しても職種によっては条件を指定するほど自分に合った企業が見つかりにくいですが、求人数の多い営業であれば転職エージェントを利用することで自分の希望に合った企業をみつけることができるはずです。ぜひ「営業に強い」という転職エージェントをいくつか利用(登録)することをおすすめします。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら