fe3f7c98dd1537c35132f79d9b6261a8_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

20代ならスキル不足でもポテンシャル採用を狙える

SEに限らず、転職をするなら若い方が有利です。中途採用には主に2つの方法があり「自分にはPGやSEとしてのスキルは十分にあるはず」と自信があるのであれば「即戦力採用」を行っている企業に応募する方法がおすすめです。

一方「SEとして自分にはスキルが足りない」と感じている人でも、これまでに数年でも社会人として働いてきて最低限のマナーやプログラムのスキルが身についている人であれば「ポテンシャル採用」を狙う方法があります。

IT業界に限らず、国内の大手企業では20代前半のいわゆる「第二新卒」のポテンシャル採用を積極的に行っている所がいくつかあり、企業にとっても新人を一から育てるのではなく、最低限のマナーが身についた若手を採用できるというメリットがあるのです。特に若手層を獲得したいベンチャー企業の求人が増えています。

ポテンシャル採用を狙うためには学生時代を含めてこれまでに積み上げてきたスキルや経験を新しい業種で「どのように活用かしていくか」をどれだけアピールできるかが勝負になってきます。

30代は相応のスキル・キャリアを求められる

SEに限らず、30代は本来であれば管理職になる年齢です。特にSEの仕事は年齢を重ねれば体力的にもきつくなることから「35歳定年」という言葉もあって30代からの転職は前半に済ませたく、実際に36歳を超えると求人数もがくんと減ってしまいます

30代SEの転職は学生時代から20代のうちに培ってきたプログラムのスキルだけでなく、プロジェクトの下流工程から上流工程まで一通りをこなすスキルや多くのプロジェクトメンバーをマネージメントするスキルも必要です。

転職をする前に一度これまでに積み上げてきたキャリアの棚卸をし、必要であれば第三者(転職エージェント)の力を借りて、現在の自分がどこまで通用するか判断してもらう方法もあるでしょう。もしスキルやキャリアに不安を感じるのであればまったくの別の職種や業種に転職という方法もあります。

40代以降はさらに厳しい・・・

30代よりは更に難しくなりますが、それでも40代の転職は無理ではありません。40代からの転職はプログラマーとしてやSEとしてのスキルだけでなく、マネージメントのスキルや予算を管理する能力も当然ながら必要です。

大手にこだわるとなかなか見つけられませんが、例えば中小企業で従業員の年齢層が高い会社の場合、システムを導入しようとする際には派遣SEに来てもらうことになりますが、やはり指示を出す人と年齢の近いSEの方が好まれます。派遣では今よりも給料は下がる可能性がありますが、それでも将来を不安に感じているのであれば早めの行動をおすすめします。

更にできることなら同じ会社でSEよりも上のマネージメントの仕事(プロジェクトリーダーなど)を狙うか、もしくは英語力があれば外資系企業のSEとして、またSEとは違う道(パソコン教室を開いたり、企業や病院の社内SE)などの方法もあります。

自分が希望に合う転職情報をなかなかみつけることができない場合、ぜひいくつかの転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら