cadb36a8c35429c5462ccfba8f685f4a_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

20代なら自己研鑽の姿勢を見せれば採用されることも

SEやPGにとっては「スキル不足」が転職の最も足かせとなります。しかし年齢が20代であれば常に自己研鑽の姿勢があれば採用される可能性が高くなります。

企業は中途採用の社員に一から教える暇はなく「どんな仕事でもチャレンジしたい」という気持ちがあってもスキルがなければ結局一から教えなければなりません。働きながら覚えていくのは新入社員と同じです。企業の採用担当者じゃなくても同じ年で「努力している人」と「していない人」では前者を採用したいのは当たり前です。

20代のうちならSEとしても上流工程を任される可能性は少なく、独身なら「自分の時間を作りやすい」という人が多いはずです。ぜひこの時間を自己研鑽の時間にあてていくことをおすすめします。

独学でも構いません。通信教育や時間があれば専門学校に通う方法もあります。資格を取得したり、何らかの成果物を転職活動の際にぜひアピールしましょう。

転職してから異動を目指すのもアリ

自己研鑽をしたくても「毎月の残業100時間超え」「休日出勤当たり前」という世界ではやはり自分のための時間も作りにくいものです。そんな時にはまず、現在の自分のスキルを洗い出してこれにマッチした会社に転職すること、そして実績を作りながら自分のしたい仕事ができる部署に異動するという方法があります。

自分で転職情報を探す際、情報量にはどうしても限度があり、自分が希望する企業がみつからないということもあります。本当に自分のスキルに合った会社を選ぶことができれば転職は成功しやすいため、そのためにも転職エージェントを利用する方法はおすすめなのです。

もしかすると希望する会社には現在のスキルでは不足しているかもしれません。自分のスキルに合った会社を転職エージェントに探してもらいましょう。

職務経歴書や自己PRを見直してみよう

もし転職にうまくいかなかった場合、もしかすると職務経歴書の書き方や面接で自分が伝えたいことが企業にうまく伝わらなかった可能性があります。言うまでもなく「給料がもっとほしい」「もっと休日がほしいから」「(前の会社で)人間関係が悪かったから」など、転職したい人にとってはこれらが実際に転職理由の本音ですがストレートに言うのはよいことではなく、できるだけポジティブな理由にかえるべきです。

おそらく誰もが転職を何度も経験しているわけではなく、これらを考えていく時間があれば自己研鑽の時間にあてていきたいです。そんな時には転職エージェントに相談するとよいでしょう。職務経歴書の書き方や面接対策までしてくれるので、これらを利用するだけでも登録することが可能です。

転職エージェントを利用すれば最初から最後まで同じ人に担当してもらうことができます。自分で転職活動を進めるよりも転職のプロに相談していった方が安心できるのではないでしょうか。利用する際に料金は発生しません。ぜひいくつかのサイトに登録してみることをおすすめします。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら