3f2cc1c3bd1ccbf0a6e10a512afe6905_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

キャリアアップの転職活動をする前に

SEとして長く働いてきた人ほど「このまま働き続けていいのか?」と不安を感じる機会が増えるはずです。SEに限らずどんな職種でも、転職する際は少しでもこれまでに積み上げてきたスキルを活かせる企業を選んだ方が転職に成功しやすく、SEもキャリアアップを目指すための転職をする人は沢山います。

どんな職種の人でも転職する際にはまず「これまでに積み上げてきた自分のキャリアの棚卸し」から始めていくことが重要で、何も準備をせずただ必要書類を書いて転職に応募したのでは「こんなはずじゃなかった」という事態になりかねません。

「キャリアの棚卸し」とは「これまでにどんな仕事をしてきて、どんな成果をだしてきたか」、逆に「どんな仕事をして自分の力を発揮しきれなかったか」などを実際に書き出しながら振り返ることです。「自分にはどんな仕事が得意なのか」「この条件は仕事を選ぶ際に外せない」などを明確にすることができ、これらを元に転職に必要な書類の準備や面接でアピールすべきことを決めることができます。

SEのキャリアアップの方向性と転職先

そもそもSEがキャリアアップするといっても様々な職種が考えられます。例えばこのまま技術を極めていきたいのであれば「システムアナリスト」という方法もあり、またマネージメントを行いたいのであれば「ITコンサルタント」「プロジェクトマネージャー」など、その他にもいくつか挙げることができ、もちろんSEをしていた頃よりも高い年収が望めます。

そして転職先としてはIT企業だけでなく「外資系企業」「一部上場企業の情報システム部」「コンサルティングファーム(コンサルティングを主に行う企業)」など他にもいくつかあります。更に独立してフリーランスになることで、うまくいけばこれまでに得てきた月収の2倍は望むことも不可能ではありません。

自身のキャリアプランに客観的な意見を貰うこと

キャリアの棚卸しをまずは自分で行うことは大変重要です。しかし自分が希望する企業にとってはそのキャリアはもしかすると不要なものの可能性もあり、そのままアピールすると採用の際に不利になる可能性もあります。

このような事態を防ぐためにも転職エージェントを利用する方法がおすすめで、希望する企業にとって必要なキャリアは何か、もしかすると現在のキャリアならもっと条件のよい企業を紹介してもらえる可能性や「現在のキャリアでは希望する企業は難しい」というアドバイスになる可能性もあります。自分のキャリアをプロの第三者に見てもらうことは誰にとってもメリットとなるのです。

また転職エージェントであればIT業界の転職市場の動向を教えてもらうこともでき、更に企業との給料交渉もしてくれます。転職先を紹介してもらわなくても、自分の評価をしてもらうだけでも利用することは可能なので、ぜひ「IT業界に強い」転職エージェントに登録することをおすすめします。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら