ec8e5c8595ea6dd88af99e17fd17b06b_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

20代SEに多い転職理由

20代なら体力もあるし、知識の吸収も早いため実際にSEとして働いている人は20~30代の人が多いです。

夢と希望を持って就職しても「毎月100時間以上の残業」や「休日出勤」もこなし、それでも「会社に思うように評価してもらえない」「働きすぎて体調を崩してしまった」「やりたい仕事があって入社した会社でもいつまでも希望の仕事ができない」などという理由で、定年まであと40年も働き続けることに限界を感じて転職を考える人が少なくありません。

また客先常駐をメインに行っている会社の場合「客先での仕事ばかりで自社に帰るのが週に1度、愛社精神が薄れてしまった」、更に20代後半になるとそろそろ結婚について考える年齢となり「この収入では生活ができない」と収入アップを狙った転職を決意する人もいます。

SEに限らずどんな職種でも転職は早い方がよいです。以前は会社を辞めることを上司に相談すると「あと1年は頑張れ」と言われていた風潮がありますが、特にIT業界に関してはこのまま働き続けることに不安を感じるのであれば20代の早めに決断した方がよいでしょう。

20代SEが転職活動で評価されるポイント

言うまでもなく企業は即戦力のある人を採用したいはずで、これまでに積み上げてきた経験を活かせる業種への転職であれば積極的にアピールしていきたいです。もし転職に有利な資格があれば合わせてアピールしましょう。

一方で希望する企業があっても「自分にはスキルが足りない」と感じている人でも、最近ではポテンシャルを重要にする企業が増えてきています。つまり熱意や明るさがあればアピールしていきたいです。即戦力採用に対してこれを「ポテンシャル採用」と言い、新卒を採用するよりも最低限のビジネスマナーやITスキルは身についているのがメリットです。

ポテンシャル採用の場合、企業は最終的には人を見て判断します。適切なアドバイスをもらうためにも転職のプロである「転職エージェント」を利用して、しっかりと対策が必要です。(ポテンシャル採用は25歳まで(もしくは29歳まで)と規定している所がありますので、注意が必要です。)

20代ならSEから異業種への転職も可能?

「SEとしてのスキルや経験は活かしていきたいけどIT業にこだわらない」というのであれば全く異業種への転職という方法もあります。例えばIT機器を扱う会社の「営業」であればパソコンの知識はあるはずで、20代のパワーがあれば採用される可能性が高いです。

また人と接するのが好きな人であれば「パソコン教室」のインストラクターや、安定性を求めるのであれば「公務員」、そして給料アップを狙うなら「金融系」「外資系企業」など選択肢はいくつもあります。

まずは自分がこれまでに得てきたスキルの棚卸しをし、このスキルから「自分にはどんな企業が適切か」などを知るためには転職エージェントを利用する方法がおすすめです。最初から最後まで専任の担当者がアドバイスをしてくれて、転職書類の書き方の指導や面接が不安な人にはアドバイスもしてもらえます。

ぜひいくつかの転職エージェントに登録することをおすすめします。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら