e3a504cc2f6e2ef7c85737ab95aa1b71_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

30代SEの転職は厳しい?余裕?

結論から言えば30代SEの転職は余裕とは言わないまでも厳しくはないでしょう。20代前半ではまだまだSEとしての経験は足りないため、最近増えている「若さ」と「仕事に対する意欲」で評価してもらう「ポテンシャル採用」を狙う手段もありますが、20代後半から30代前半という年齢層は実際に多くの企業が求めていて、求人件数も多く他の年代と比べて転職情報も探しやすいです。

実際に「激務」と言われているSEの仕事を30代の後半まで続けることは体力的に難しいです。また客先常駐をメインに行っている会社では年齢を重ねると単価を上げなければならず、常駐先がなくなってしまう可能性もあって「SEは35歳が定年」という言葉もあります。30代後半になるとよほどのスキルがない限り転職は厳しくなると思った方がよいでしょう。

しかし業種にこだわらなければ転職先は見つかる可能性は十分にあります。自分で探すのは難しいため、転職エージェントを利用して自分に合う所をみつけたいです。

30代のSEが求められること

現在の会社に入社してから一度も転職をせず30代になると、そろそろ入社10年を迎える時期になるはずです。転職する、しないに関わらず、この10年間は様々な知識を貪欲に身につけていかなければなりません。

そもそも30代SEがこのまま同じ会社でSEを継続していくことはほぼ不可能だと思った方がよいでしょう。SEに限らず30代半ばになればそろそろ役職がつく頃になってくるため、プログラマーとしての知識だけでなく、プロジェクトをマネジメントする知識や会社経営を担うための知識も必要になってきます。(10年も同じ会社で働いていれば当然ながらこれらの知識は身についているはずです。)

ちなみに2015年のSEの平均年収は542万円というデータがありますが、これらの知識が身についていて業績がよい会社あれば年収800~1000万円も夢ではありません

30代SEが持っていると評価されるスキルや経験

30代のSEは仕事を通してプログラミングやシステム開発の技術だけでなく、データベースやセキュリティなどの知識も得るはずです。そしてこれらの資格があれば更に転職には有利になるはずです。更にSEはお客様と接する機会が多く信頼関係を築くことも大切で、コミュニケーションスキルや問題解決スキル、周囲に上手にプレゼンできるスキルも必要です。

上でも説明したように20代後半から30代前半であれば求人件数は多いです。しかし私達が目にする求人情報は実際にある情報のごく一部と言われていて、自分が希望する仕事内容の求人が見つからない場合、自分のスキルに合った企業が分からないという場合にはぜひ転職エージェントを利用したいです。

特にIT業界の転職について様々な知識を持っている「IT業界に強い」転職エージェントを利用することで転職に成功できる確率がかなり高くなります。自分を評価してもらったり、転職のアドバイスをもらうだけでもぜひ転職エージェントを利用したいです。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら