9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

女性SEが転職先を選ぶときに気をつけるポイント

独身のうちは男性と同様に残業も休日出勤もこなしてきた女性SEも結婚、出産、育児のタイミングを迎えると仕事ができる時間に制限が出てきるため、このまま働き続けることは難しいです。これらのタイミングで家庭に入るか仕事と家庭を両立するか、両立する場合は「今の会社は開発メインだから無理」と転職を考える人は実際に多いです。

しかし仕事と家庭を両立したいと考えている人はまず、現在の会社の部署異動でなんとかできないか検討した方がよいでしょう。つまり給料は減っても仕事の量も減らしてもらえるならそのようにするべきで、むやみに転職しようとしても子供がいる女性SEを採用することは企業にとってはリスクが高いことで、更に年齢が高い人ほど仕事がみつかりにくいです。

もしくは「今の会社では仕事量を減らすのは無理」と転職を検討しなければならない場合には時短制度、育児休暇、フレックス制、在宅勤務、そして男性も育児休暇が取りやすいなど「福利厚生がしっかりとした企業」となると、中小よりも大企業になってきます。

仕事のこと、家庭のことと色々大変になってきますが、自分にあった方法を見つけていきたいですね。

SE以外の異業種に転職する女性もいる

そもそもSEとして働き続けることで毎日の残業(場合によっては徹夜も辞さず)やトラブルが起これば夜中でも休日でも呼び出されることがあります。仕事と家庭を両立するために転職する場合、このような可能性がほとんどないながらも、SEとして積み上げてきた経験を活かすことができる異業種への転職を検討する方法があります。

例えば自社の社員のために働く「社内SE」の場合、パソコンに関するヘルプデスクのような仕事や、システムやIT機器の保守の仕事であれば残業も少なくなります。その他にも「パソコン教室の講師」「コールセンター」「事務」などの方法もあります。更に最近では結婚、出産を経て家庭でSOHOの仕事をする女性も増えています。

また勉強して公務員試験を受ける方法や、簿記の資格を取得して税理士や企業の経理部などで働く方法もあります。結婚、出産を経ても女性が働ける場はいくつもあります。

正社員以外の働き方もある

仕事と家庭を両立するのであれば正社員にこだわらない方法もあります。正社員の頃よりは収入が減る可能性はありますが、例えば派遣社員や契約社員としてなら働く日や時間を選ぶことができ、自分の時間を作りやすいです。更に業種を選ばなければパートという方法もあります。

いずれにしても結婚や出産を経た女性が希望する条件の職場を自分で探していくのは簡単ではありません。面接でも「残業や休日出勤は可能か」「家庭と両立して今後働いていけるか」「家族の仕事に対する理解はあるか」など様々な角度から質問をされるため、入念に準備をしておく必要があります。そのためにも転職エージェントを利用し「ここが自分がいるべき職場」という所をぜひみつけたいですね。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら