SEが転職サイト・エージェントを選ぶポイント

異業種へ転職するなら総合型エージェントがおすすめ

転職エージェントには総合型IT業界特化型があるのをご存知でしょうか?

総合型の転職エージェントは例えばリクルートエージェントやパソナキャリア、インテリジェンスのDODAなど、いわゆる一般的な転職エージェントですね。総合型の転職エージェントの強みは、幅広い業界の求人を扱っていることです。

  • IT業界以外の社内SEに転職したい
  • SEを辞めて別の業界へ転職したい

異業種の社内SEを目指すなら、幅広い業種の求人を豊富に扱う大手の総合型エージェントがおすすめです。

  1. type転職エージェント

    type転職エージェント

    異業種の社内SE・IT業界内でキャリアアップ転職におすすめ

    type転職エージェントは多様な業界の求人を扱う総合型のエージェントですが、IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍するなど、システムエンジニアの転職に強いエージェント。「異業種の社内SEを目指すべきか?」「それともIT業界で自社開発SEに転職してスキルアップするべきか?」迷っている人に一番おすすめの転職エージェントです。

    得意な求人 IT・WEB系、営業系、管理職、専門職、販売・サービス系
    対応地域 関東圏

    type転職エージェントの公式ページはこちら

  2. アデコ

    アデコ

    SEの異業種転職・IT業界内での転職・地方での転職におすすめ

    アデコは管理系(HR&ファイナンス)、営業系(セールス&マーケティング)、技術系(IT&エンジニアリング)と3つの専門分野に組織を分けて、それぞれに専任のキャリアコンサルタントが在籍しており、SEの異業種転職・IT業界内での転職どちらもキャリア相談に乗ってもらうことができます。そして北海道から沖縄まで全国に拠点があるので都心から地方へUターン転職を考えている人にも最適です。SEの経験を生かしてどういうキャリアパスを描けばいいのか迷っている人は相談してみることをおすすめします。

    得意な求人 管理系(経理財務、購買、人事)、営業系(営業、MR、アパレル専門職)、技術系(IT、Web、製造業)
    対応地域 全国

    アデコの公式ページはこちら

  3. リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    異業種への転職・地方での転職におすすめ

    言わずと知れた最大手の転職エージェント。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多いのでIT業界から異業種に転職を考えている人に最適です。転職関連セミナーもよく開催され登録すると無料で参加できるので、登録しておいて損は無いでしょう。全国に拠点があり地方の転職求人も豊富なのでUターン・Iターン転職をお考えの方にもおすすめです。

    得意な求人 営業・販売、経営・企画・マーケティング、事務系(経理・総務・人事・購買)、IT・Web系、電気・機械、医療・製薬・化粧品、コンサルタント、建築・土木
    対応地域 全国

    リクルートエージェントの公式ページはこちら

  4. JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系のITコンサルタントやリーダークラス以上の転職求人を探している人におすすめ

    外資系企業や日系グローバル企業の転職求人に強みをもつ転職エージェント。SEの経験を生かして外資系ITコンサルタントなどハイキャリアの転職を目指す人に最適なエージェントです。管理職から経営幹部・エグゼクティブの求人にも強く、PL・PM経験を生かしてさらなるキャリアアップ転職を目指す人にもおすすめです。

    得意な求人 経営幹部・エグゼクティブ層、管理部門、IT・通信、電気・機械・化学、医薬・バイオ、銀行・証券・保険・コンサルティングファーム、営業&マーケティングなど
    対応地域 関東圏・中部・関西圏・海外

    JACリクルートメントの公式ページはこちら

  5. リクナビネクスト

    リクナビネクスト

    転職求人をとりあえず見てみたい人向け

    転職活動をする人が最初に登録するであろう総合型の転職サイト。IT系に限らず求人数は多いものの、求人の質はマチマチで、自分で会社情報を調査・検討する必要がありますが、とりあえず求人だけ見てみたい人に向いています。地方の求人も多くあるので、Uターン・Iターン転職を希望するなら求人をチェックしてみるのもよいでしょう。

    リクナビネクストの公式ページはこちら

ちなみに社内SEではなく、SEを辞めて全くの異業種へ転職する場合、20代なら未経験でもポテンシャル採用を狙えますが、30代は未経験だと厳しいです。30代が異業種へ転職するには、今までの経験を生かせるポジションで入社して、そこから希望の部署へ異動するなど、いくつか戦略はあります。転職エージェントに相談することであなたに合ったキャリアチェンジを提案してもらうことができます。

IT業界で転職するならIT特化型エージェントがおすすめ

総合型エージェントの弱みはIT実務にそこまで詳しい担当エージェントがいないということ。転職エージェントを利用されたことのある人ならご存知の通り、エージェントと実務レベルの詳細な話などはできませんよね。開発環境とか。せいぜい言語はJavaとPHPを使ってました~DBはOracleでした~くらいでしょう。

一方でIT業界特化型の転職エージェントは、業界を絞っているので全体の求人数は総合型より少ないものの、IT業界の求人は総合型より多く担当エージェントがITにめちゃめちゃ詳しいです。例えばJavaでもフレームワークは何を使っていたのか?バージョン管理ツールはGit?といった話もできます。

担当エージェントがITに詳しいと、転職活動での自己PR力が強くなり、そして転職後のミスマッチを防ぐことができます。

  • 業務系SEからWEB系の自社開発SEに転職など、IT業界内でキャリアチェンジしたい
  • ITコンサルタントに転職して年収アップを狙いたい
  • 元請けSIerでマネージメント経験を積みキャリアアップしたい
  • 最先端の開発環境でITエンジニアとしてスキルアップしたい

IT業界で自社開発SEを目指すなら、IT業界知識に長けたIT特化型エージェントがおすすめです。

  1. レバテックキャリア

    レバテックキャリア

    関東圏でIT業界内で転職するならイチオシ

    レバテックキャリアはIT・Web系に特化した転職エージェント。IT業界経験者がキャリアアドバイザーとして担当してくれます。大手のエージェントに登録したものの、キャリアアドバイザーがITの業務知識に詳しくない・話が通じないと不満を持ったことのある人におすすめです。IT業界のみに特化し、かつIT業界で勤務経験のある担当者が、あなたの強みを引き出して面接でどのようにアピールすればいいか今後どのようなキャリアプランを目指せばいいかアドバイスしてくれます。

    得意な求人 IT・WEB系
    対応地域 関東圏

    レバテックキャリアの公式ページはこちら

  2. type転職エージェント

    type転職エージェント

    IT業界で年収アップ転職・客先常駐脱出を狙うなら

    公式ページにも書いてあるように、下請けSEから大手企業の自社開発SEにキャリアチェンジしたり、SE経験を評価されてプロジェクトリーダーにキャリアアップして年収もアップしたりなど、IT業界で転職を考えている人に最適な転職エージェントです。

    type転職エージェントの公式ページはこちら

  3. Green

    Green

    IT・Web系求人に特化した転職サイト

    WEB系の求人に強いIT業界特化型の転職サイト。大手企業から成長ベンチャー企業まで、エンジニアの求人が豊富。エンジニアとして開発スキルを高めたい人はチェックすることをおすすめします。

    Greenの公式ページはこちら

  4. アデコ

    アデコ

    アデコの公式ページはこちら

  5. マイナビエージェント×IT

    マイナビエージェント×IT

    マイナビエージェント×ITの公式ページはこちら

転職活動では自分のスキルやキャリアを最大限にアピールするのが大事ですよね。企業に提出する応募書類や面接での自己PRは求人票の記載事項を参考にするわけですが、転職経験者はご存知の通り、求人票の求める人材・スキルはそこまで詳細には書かれていません。なので今までのプロジェクト経験の中の、どの部分を強くアピールすればいいのかわからないことも多いですよね。

そして転職時に気をつけなければならないのが、転職後のミスマッチです。鳴り物入りで入社したものの、全く力を発揮できない。。。居づらくなってまた転職活動するハメに・・・。

IT業界特化型のエージェントは、求人企業の人事担当だけでなく、現場の人達からもヒアリングを行います。そして具体的にどんなスキル・経験を持っている人が欲しいのか?ということを詳細に握っています。ですので応募先企業ごとに効果的な自己PRもわかっていますし、入社してからスキルのミスマッチが発生しにくいのです。

IT業界で転職するなら、IT業界特化型のエージェントを利用することで転職に成功する確率が飛躍的に高まります。

SE転職にエージェントが必須の理由

転職の成否を分けるのは「会社選び」

SEにおすすめの転職先は、IT業界で転職するなら自社開発SE異業種に転職するなら社内SEです。そして自社開発SE・異業種の社内SEどちらを目指すにしても、会社選びが一番重要です。

客先常駐SEを脱出した管理人おすすめのSE転職先の選び方


とはいえ、自力で集められる情報には限界があります

  • いざ入社してみたら、デスマ上等のブラック企業だった・・・
  • スキルアップを目的として転職したのに、協力会社の管理しかさせてもらえない・・・
  • キャリアを評価されて入社したものの、ミスマッチで今までの経験が全く生かせず、戦力外に・・・

などなど、転職活動は内定を貰ったからといって、実際に入社するまで安心できません。

入社してブラックだったりミスマッチだとわかったら辞めることになりますが、履歴書が汚れててしまい、次の転職時に圧倒的に不利になります

このようなミスマッチを防ぐためには、事前に企業内部の詳しい情報をできる限り集める必要があります。最も確実な方法は、転職先企業で働いている人に直接話を聞くことですが、そんな人脈を持っていない場合がほとんどでしょう。

転職先企業の情報を得たり、応募書類の添削や面接対策など、転職活動を成功に導くサポートをしてくれるのが転職エージェントです。

会社選びをサポートしてくれるのが転職エージェント

転職エージェントとは、登録するとキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)という担当者がつき、求人の紹介転職活動のアドバイス企業との面接の日程調整内定後の年収交渉をしてくれる、SE転職の成功率を上げるための転職支援サービスです。求職者の入社が決まったら転職エージェントは企業側から報酬を受け取る仕組みなので、求職者は無料で利用することができます

希望条件にマッチした企業を紹介

給料をアップしたい、残業が少ない会社で働きたい、WEB系の開発スキルを身に着けたい、IT業界をやめて異業種に転職したい、など求職者の希望をヒアリングして、条件にマッチした求人情報を紹介してくれます。

企業情報の共有

企業ごとに求められているスキルやキャリアなど採用に関する情報や、実際の現場で利用されている開発環境まで、自力では入手するのが難しいような企業に関する膨大な情報を蓄積しています。求職者が企業に応募する際に必要な情報を得ることができ、また入社後のミスマッチを解消することができます。

転職活動のサポート

職務経歴書や履歴書など応募書類の添削や、面接練習、そして企業との面接のスケジュール調整や内定後の年収交渉の代行など、転職活動の支援サービスを受けることができます。

転職エージェントを利用するメリットは?

転職活動でエージェントを利用するメリットは「転職先企業の情報収集を丸投げできる」「応募書類や面接問答をチェックしてもらえる」ことです。

転職先企業の情報収集を丸投げできる

自力で転職先企業が求めているスキルや人材、内部情報を入手するのは難しいですよね。転職エージェントからは求人票がもらえるだけでなく、本当に求めているのはどんな人か?面接でどんなことを聞かれたのか?といった詳細な情報を得ることができます。

IT業界に特化したエージェントの場合は、現場で使われている開発環境は?といった詳細な情報まで得ることができます。

応募書類や面接問答をチェックしてもらえる

職務経歴書・履歴書にどんなことを書けばいいのか?転職理由・志望動機・自己PRに突っ込みどころは無いか?その企業から内定を貰った人のデータをもとに客観的な視点で改善点を指摘してもらうことができます。

転職エージェントはタダで利用できる

そして転職エージェントは無料で利用できます。転職者の年収の2~3割が報酬として転職先企業からエージェントに支払われるわけです。

とはいえ無理やり転職させることはしません。なぜなら半年や1年といった短い期間で辞められてしまうと、転職エージェントにもペナルティがあり、報酬を転職先企業に返金しなければなりません。なので転職者と求人企業の双方にミスマッチが出ないようにすり合わせをしてくれます

SEの転職サイト・エージェント活用法

転職サイトとエージェントの違いは?

転職活動を始めるときに、まずは転職サイトに登録する人も多いでしょう。転職サイトにはエージェントのようなサポートはありませんが、自由に求人を閲覧できるというメリットがあります。

本気で転職活動を始めるならエージェントの方がおすすめですが、今すぐ転職するつもりは無いけれど、よい求人があれば検討したいという人は転職サイトに登録して求人をチェックしてみるのもよいでしょう。

転職エージェントは複数利用すべき?

はい。転職エージェントは複数利用すべきです。

理由としては、担当エージェントとの相性が合う合わないがあるのと、担当エージェントによって紹介してくる案件が異なるからです。内定を取れそうな企業しか紹介してくれないエージェントもいれば、転職者の希望にマッチする求人をたくさん紹介してくれるエージェントもいます。

したがって複数の転職エージェントを利用することで、多くの求人情報を得ることができます。求人を比較検討する中で、自分に本当にマッチした求人を見つけるができますよ。

とはいえ、転職エージェントに登録すると担当者からメールが来たり電話が来たりするので、あまりに多く登録しても対応しきれませんよね。

私の転職活動をしていた経験からですが、目安としては、現職中なら2~3社離職中なら5社以上の掛け持ちがよいでしょう。

現職でIT業界内で転職を目指すなら、レバテックキャリア、type転職エージェント、マイナビエージェントの3社に登録すればOKです。異業種へ転職を希望するならtype転職エージェント、リクルートエージェント、JACリクルートメントがバランスが良いですね。

離職中の人は上記全部に登録して、とにかく応募しまくって面接受けまくると1ヵ月以内に最低1社は決まりますよ。

転職活動を早く終わらせるには

転職活動は短期決戦が基本です。早ければ1か月、長くても3ヵ月以内に転職先を決めるの目標に動きましょう。

仕事と転職活動を両立するのは想像以上に大変です。転職活動が長引けば長引くほど、体力的にも精神的にも消耗し、「ああ、このままこの職場でもいいか・・・」と思って諦めてしまう人もいます。

転職活動を短い期間で成功させるには、効率よく転職活動を進める必要があります。
効率よく転職活動を進めるには、転職エージェントの活用が必要不可欠です。

あなたの転職活動が成功しますように。

se 転職