softbank

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

ソフトバンクは、どんな仕事をしている企業なの?

ソフトバンクの事業内容は、国内における移動時の通信サービスや携帯販売、一般顧客や内企業向けの顧客をターゲットとした固定電話の通信サービス事業を展開しており、又グローバル展開も推進しているため、その他にネット上での宣伝や広告を行う事業展開も行っております。ソフトバンクでは、会員になると特典が付く等のサービスを提供しているヤフーとも提携を結んでおり、携帯電話の卸売や国内では、ストラップ等のアクセサリの事業やソフト・ハードウェアの販売も手掛けています。

その他にも、プロ野球でも有名なソフトバンクホークスの野球関連事業やスマートフォンやi-phoneを利用して、オンラインゲームのアプリ開発等数々の分野に進出し、事業拡大を推進しています。

現在では、IoTに関連する業界団体「デバイスWebAPIコンソーシアム」の共同開発を発表し、新たなテクノロジーへ向けた取り組みを行う等、競合他社であるドコモやauに比べ、大変力のあるベンチャー企業とも言えます。

忙しいと言われるソフトバンクの年収と福利厚生は?

ソフトバンクの年収や福利厚生は、忙しい反面、福利厚生は非常に充実しているといわれています。期限の過ぎた有給休暇に関して「積立年休」として最大60日分積立てることができます。又その他にも各種休暇が存在し、結婚休暇、配偶者出産休暇、子女結婚休暇、アニバーサリー休暇、リフレッシュ休暇、忌引休暇、転勤休暇、公務休暇、災害休暇、交通遮断休暇、召還休暇、ドナー休暇、ボランティア活動休暇等、多きなイベントごとに休暇を取得できます。

傷病に関する休暇も手厚く保護されており、介護休業、介護休暇、災害休暇、マタニティ通院休暇、看護休暇、キッズ休暇、母性保護休暇などに利用可能です。給与面に関しても 情報システムの総括クラスで、年収は700万円以上になります。

新卒では、住宅手当が支給され、自己名義で住居を賃貸し、家賃を支払っている場合は、入社してから3年の間、家賃の一部が補助されます。エンジニア職だと、給与面では、高卒では、21万円以上で、大卒でも22万円以上最低でももらえます。

賞与は、年2回で5か月程で昇給も年に1回あります。フレックスタイム制を導入していることもあり、社員が働きやすい環境を十分に兼ね備えています。

ソフトバンクの将来の安定性は?

現在では、売上経常利益ともに安定している企業であり、携帯電話以外にもネット回線やロボット開発、近年では東京電力との提携を行う等、会社規模の革新が行われています。

そのためにも、人の入れ替わりがある企業ではあるが、それだけ中途採用も積極的に採用を行っており、ブランド名からも人気が落ちない魅力のある企業です。社員さんからの意見でも会社での働きがいがあるのが特徴で、忙しくても給与面や福利厚生の良さが社員を呼び込み、いつまでも守りに入らない成長性や拡大をしていく社風は、成長や将来に希望を感じさせる企業と評価されています。

ソフトバンクへ転職を成功させる鍵は?

ソフトバンクは、一言でいえば、「ベンチャー企業への転職」です。トップがカリスマ経営者であるため、新しいことへの挑戦には社内からの評価も高いようです。常に挑戦を求めている企業ですので、もし中途採用であるならば、自分が培ってきた知識に付加価値を付けて、何を挑戦していきたいかしっかり伝えましょう。特に挑戦したいことを強く訴え、自分の技術をどのように生かすのか明確にアピールすることで転職の道が開けます。

そのために、企業がどんなことに取り組んでいるのか、あらかじめにしっかり把握しておきましょう。限りある自分のキャリアの中で、もっとより多くの経験を積み重ね、挑戦していきたい」という想いで、転職活動をしている方にとって、ソフトバンクは、これ以上にない環境だということは自信を持って言えるでしょう。ぜひ挑戦してみて下さい。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

企業の事業を把握したいなら、転職エージェントに相談しよう!

転職するに当たって、企業選びや企業情報の収集、履歴書作成や面接には多大な時間を要し、想像以上の身体的エネルギーを使います。細かな前準備は人を苦しめ、応募前から疲れてしまいます。

もしあなたが自分自身でソフトバンクの事業内容を把握できなかったり、どういう人材を求めているのかわからないなど、もっと細かな企業情報を収集したい時は、転職エージェントを利用することをオススメします。転職エージェントは無料登録をすることで、細かな作業を一度のみ行うだけで、それらの手間を省いてくれます。

あなたと面談して、面談の方法を学習したり、希望条件にあった求人、企業を選んでくれますし、職務経歴書やエントリーシートのアドバイスもやってくれます。企業情報の収集も行ってくれるので、あなたが転職に困った時のサポートをして、あなたの手助けをしてくれことでしょう。

一人で悩むよりも、とりあえず登録だけでもしておくことをおススメします。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら