uniqlo

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

ファーストリテイリングって、どんなことしてる企業なの!?

ファーストリテイリングは、大きく分けて5つの事業を展開しており、ユニクロを中核ビジネスとして、ジーユー、セオリー、プリンセス タム・タム、JBrandなど複数のブランドを展開している事業です。

主力であるユニクロは1980年代に、初めて一つ目の店舗を立ち上げ、更なる店舗拡大に向けたチェーン展開を行っています。1990年代に、都内に出店を開始するタイミングで、フリースの商品がヒット商品となり、日本中がユニクロに対して注目が集まるようになりました。

それに続いて、ショッピングモールへの出店が大きな反響を呼び、都内周辺や大阪などの大都市を中心に広がり始め、更に繁華街までも店舗拡大が実施されてようになりました。

ユニクロは企画から素材開発・原料開発及び調達・量産から配送、販売までの一連の流れを全て自社で行うサービス製造業として、品質のよいカジュアルな製品を安価に提供する経営理念を掲げ、、その他のブランドにに負けない独自の商品を開発し、現在では日本のアパレル業界の6%以上ものシェアを占める業界にまで上りつめた大企業です。

今現在でもユニクロ事業は、海外まで拡大してきており、留まることを知りません。2001年にイギリスへ初めて海外事業を展開させ、2015年現在での店舗数は、国内841店舗に対し海外798店舗で、海外事業による総売上高は、ユニクロ事業全体の約半分近くまで達するようになりました。今では東南アジアや中国・台湾等日本周辺国にまで店舗拡大を行い、さらなる事業展開を行っています。

またユニクロが展開している事業のその他として、GU(ジーユー)事業があり、こちらも高品質で安価で購入できるため人気の高い商品となり、店舗数は2015年までにおよそ320店舗まで増加し、売上高も1,000億を超えるほどとなりました。今では名高いブランド商品となり、ユニクロ事業を盛り上げ、支えるブランド商品の一つとなっています。

ファーストリテイリングのSEの年収及び福利厚生は?

ファーストリテイリングの給与体制は、一般的な平均年収は400万円程であり、店舗社員は、昇格するとS-2となり、わずか1年たらずで2年収550万円程まで昇給することができます。

更に昇格すると、入社6年程で更に3つ程ランクがあがり、およそ820万円まで昇給します。店長やスーパーバイザー等の役付きになると、年収は1000万円以上になる人が多いようです。このように、能力評価的な制度を強く推進しているようです。

ファーストリテイリングは、グローバルな社風や社員の充実した教育制度はもちろんのこと、福利厚生の面でも充実しています。もちろん社会保険は完備されており、また福利厚生の面では、介護を必要とする家族がいる場合において、介護休暇を取得することもでき、又午後15:00までの勤務にしたりすることも可能です。

また健康面のケアにおいても施設が整っており、カウンセラーや産業医が所属するケアセンターが存在し、常に従業員のサポートができる体制が作られています。

その他にも、女性向けに、子育てを支援してくれる環境があり、仕事をしながら出産や育児にも取り組むことができる体制があります。豊富な教育制度や支援があるため、ファーストリテイリングならでは従業員にとって働きやすい環境で仕事ができる企業なのです。

ファーストリテイリングの将来性は、OK?

ファーストリテイリングは、ユニクロを主とした事業展開を広げる中で、日本国内、アメリカや欧州など、各国で現在も拡大及び展開を広げています。ファーストリテイリングは、新しい産業を創造していく方針を遂行し、前例にない小売業としての枠を超えた新たな産業改革の可能性を国内外に発信し、新たなビジネスモデルを構築するとともに、問題を抱えた国のためにも、世界中の声を聞き、その悩みを実現するための店舗の構築や物流ラインの構築、未来を創出できる商品や人の育成に取り組んでいる企業の一つです。

新たな産業改革を推進するファーストリテイリングは、日本国内のみならず、世界に向けた取り組みを遂行し、世界中で事業を繰り広げられる企業にこそ、ビジネスモデルを根本からイノベイトする力がある企業であり、それに向けた努力を惜しまない企業であるからこそ、将来性があると言え、実際に海外事業展開で成功している企業として、現在の業績を見ても、安定している企業と言えるでしょう。

また現在貧しい国の人たちに古着を提供するボランティアを行う等して、多くの国へ更なるファーストリテイリングの幸せと喜びを与える商品を拡大し、いっそうのグローバル展開が期待できる企業と言えるでしょう。

ファーストリテイリングへのSE転職する成功の鍵は?

ファーストリテイリングの面接は、一次面接・二次面接・三次面接・Offering面接と4回もの面接が行われます。非常に人物重視の面接で、人物像を見られる面接が続きますので、体力的にも非常に疲れます。

ファーストリテイリングに転職するに当たって、何よりも面接の時から接客に対する姿勢が求めれています。何事も紳士に取り組む姿勢・グローバル対応ができる柔軟性が求められますので、英語のスキルがなくても、それを苦にさせないコミュニケーション能力をもっている方が採用されやすいので、ぜひ相手幸せを与えられる面接対応を心がけてみてはいかがでしょうか。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

ファーストリテイリングへの情報は転職エージェントに相談を!

面接までの細かな前準備は人を苦しめ、応募前から疲れてしまいます。もしあなたが自分自身で事業内容を把握できなかったり、どういう人材を求めているのかわからないなど、もっと細かな企業情報を収集したい時は、転職エージェントを利用することをオススメします。

転職エージェントは無料登録をすることで、細かな作業を一度のみ行うだけで、それらの手間を省いてくれます。あなたと面談して、面談の方法を学習したり、希望条件にあった求人、企業を選んでくれますし、職務経歴書やエントリーシートのアドバイスもやってくれます。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら