microsoft

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

マイクロソフト転職に向けての事業内容を調べておこう!

マイクロソフト社のWindows & Windows Live部門では、Windows製品全般及びPCメーカーとの連携ならびにWindows Liveを通じたオンラインソフトウェアとサービスを行っています。

その他に、マイクロソフト ビジネス部門では、Microsoft Officeスイート、PC向けのソフトウェア・サーバー、ソリューション・サービス、Microsoft Dynamicsの提供を行っています。

サーバー&ツール部門ではWindows Server、SQL Server、Visual Studioを、オンラインサービス部門では出版社や広告主向けサービスとしてのオンライン広告プラットフォームを、エンターテイメント&デバイス部門ではXbox 360、Xbox Liveのビデオゲームシステム、モバイル、組み込み型のデバイスプラットフォームなどの部門が存在し、ソフトウエアおよびクラウドサービス、デバイス営業・マーケティングを主とした事業を展開を行っています。

転職するに当たって、転職先の事業内容をある程度把握していることは、相手へのアピールポイントにもなりますので、しっかり理解しておきましょう。

マイクロソフトの年収や福利厚生は本当にいいの?

マイクロソフト社では、正社員の給与待遇も非常によく、全体的な平均年収は700万以上。技術系の職種では年収600万円以上で、カスタマーの職種では600万円から700万円の間の方が多く、企画では700万円から800万円くらいの方が多いです。

役職になると1000万円以上になるため、就職難易度9といわれる程難易度が高く採用倍率も100倍と言われる程、それだけ入社するのは難しく、また離職率も3%と一度入社したらやめない人が非常に多いようです。離職率が低いのにも数々の理由があり、ライフワークバランスについて働き方の見直しを徹底的に行う等多くの就業に対する取組が行われています。

その対策として行われているものとして挙げられるのが、超過勤務の削減です。毎月人事本部から各役員宛てに部門内全社員の超過勤務時間数と年休取得状況のレポートを送信し、従業員の業務状況の見える化の実施を推進しています。

そうした背景から声掛けを頻繁にするようになり、役員やマネージャーと社員の関係が隔たりなく作られ、そこに話し合いの場が生まれています。これにより、業務の削減・業務の効率化などに取り組むことで、超過勤務の削減を推進しています。お互いのことを気に掛ける環境作り、人と人との繋がりを大切にすることを意識的に取り組む体制作りが確立されているようですね。

マイクロソフトに将来性はあるの?

マイクロソフト社はグローバル展開しており、windowsや各種アプリは今現在の仕事や家庭で欠かせないもので、必要不可欠なものとなっているため将来性の心配はないでしょう。経営悪化の心配もないので、安定性も問題ないでしょう。

マイクロソフトの収益は、主にソフトであるオフィスとOSのウィンドウズが半分以上の売り上げを占めています。数年前はこれが80%で、全体の120%の利益を占めていました。つまりこの2つでしか利益がでず、その他の部門は赤字を出していたのです。最近はその状況も変わってきているのですが、マイクロソフトは全ての事業が収益を出しているわけではなく、既存の収益源で成長するのに苦労しているようです。

しかし日々成長を続けるため、マイクロソフトでもお客様の可能性を最大限に引き出すための支援をするというミッションの遂行に長期にわたって取組みを行っており、絶えず製品をアップデートし、より良いものにしてきているのも事実です。企業としての進化を続け、新たなテクノロジの発展とお客様へのサービス向上に努めていることでしょう。

マイクロソフトへの転職に成功できますか?

職種は営業と技術の2つに分けられます。技術職では、経験年数やグローバル展開したソフトの運用保守経験や開発経験、システム開発の経験に5年以上携わっていること、Windowsやwebアプリケーションの開発経験、又はシステム設計経験があることが最低条件になるでしょう。転職倍率も常に100倍程ですので、人よりもより優れた能力や知識が必要とされます。営業職でも営業経験やプレゼン能力、英会話能力やOSのLinuxの知識、役職者の経験があるなど、なんらかの即戦力を求められることが多いです。

プロジェクトリーダークラスになると、英会話能力が必要であり、TOEICの点数にしても850点以上が求められるようです。しっかりと能力・経験を積むことがで転職できる可能性が高まりますので、ぜひ諦めずに挑戦してみてはいかがでしょうか。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

マイクロソフトの情報を転職エージェントに確認しよう!

マイクロソフトに転職をご希望されているあなたへ。マイクロソフトの書類選考では、ほぼ99%落とされてしまう言われるほど難しいと言われます。面接までこぎつけるための準備として、企業の情報は必要不可欠です。

どんな人材を求めているのか詳しく知りたい方、まず転職エージェントに確認しましょう。転職エージェントでは、そうした情報を企業とやりとりをしてくれます。しっかりと求めている人材を確認し、自分をアピールできれば、成功率もぐんとあがることでしょう。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら