okinawa

SE転職に必須の転職サイト・エージェント比較ランキング

沖縄で成功しているIT企業の一例とその実態は?

沖縄県という島国では、IT企業単体の事業で生き残ることがまだまだ厳しい世の中ではありますが、株式会社ビジュアルプロセッシングジャパンは、沖縄で成功を納めているIT企業の一つです。

事業内容は、VPJ のマーケットで、広告・宣伝・出版・印刷・放送・映像・流通・製造(宣伝マーケティング部門)などのメディア業界のコンテンツ制作分野をメイン業務としている企業です。徐々に沖縄県のIT企業が設立していることも事実ですが、まだまだ少子化や過疎化の時代に、立ち上げや大手としての存続していくことが難しいのも事実でしょう。

沖縄のSEの仕事事情とは?

沖縄では、過去10数年にわたってIT系企業の集積・新設が加速してきております。現地でだけでは人手が足りないため、以前から実務経験者のある人材を求めていたのが実情がありますが、しかし良き人材がなかなか応募してくれない背景がありました。

その理由は、那覇の求人は比較的あるのですが、希望職種と給与に満足するものに出会えない状況です。那覇周辺以外ではさらにその転職条件は難しく、まれに事務系の求人を出会うこともありますが、その給与支給は、10万円程です。

またIT業界でも主任クラスで年収220万~460万という企業も多いようです。戦力となる人材を求める中で沖縄の求人案件は、一般的には大手求人サイトよりも、ハローワークや地元の求人誌に掲載されることが多いため、遠くから移住したくても、職をあらかじめ探すことができない点や賃金の低さが足止めさせてしまうのです。

沖縄で就職を希望するに当たって考慮する必要があるのは求人の現状です。沖縄県の失業率は7%であり、この値は、本土の失業率の約1.5倍にあたります。また高卒者の就職率がほぼ6割程であり、全国の8割以上を下回っているのです。これは観光産業に主体をおく沖縄の独自性があるためと推測されます。

それでも沖縄で就職を希望している人は以外にも存在し、本土からの移り、就職したいと考えている人が増加してきているのが実情です。ここで問題になってくるのが沖縄県での平均賃金の低さなのです。本土に比べて失業率が高く、就職希望者が多い現代では、完全な買い手主導で賃金が決められてしまいます。低賃金での生活をすることが困難になり、沖縄を去る人が多いのも問題点の一つとなっているのです。

沖縄では以前IT業界で求人数が急増していた時期がありました。沖縄県のIT氷河期とも言われた時は、プログラマーの技術者だけでなく、その管理職を担う求人も多数存在していました。そう、どこの企業も優秀な管理職を求めているのです。つまり身体を動かす労働者として働く人は雇用することができても、マネジメント能力を持った人材の育成ができる人材が存在しない実情があるのです。つまり責任感のある仕事より、身体を動かして指示に受ける側の仕事を好む人が多いということなのです。本土から移ってきた人や、沖縄県民にはこうした人が多いという実情があるのです。

こうした現状をみても沖縄の就職では、低い賃金でも、スキルを身につけた人が責任感を持って働くことができる能力、環境が必要だといえるでしょう。沖縄での就職を考えるにあたって、この点を念頭に置いて転職を考えていく必要性があるのではないでしょうか。

沖縄にあるおススメSE求人は?

株式会社コンピュータマインドという企業は、完全ITのWebオープン系システム・組み込みアプリケーション開発を主とする企業や。株式会社ビジュアルプロセッシングジャパンは地元に特化したITベンチャー企業がありますので、地元では親しみやすいIT企業です。また、株式会社テクノクリエイティブでは、行政・金融機関等の取引先でのネットワーク・サーバ設計・構築をメインに活動しておられる企業です。

その他大手が進出していきている社内SEとして勤務の清水建設株式会社や株式会社メイテックも、エンジニアリングアウトソーシング事業として機械設計、電気・電子設計、ソフトウェア開発、ケミカルエンジニアリングを展開している業界トップクラスの企業ではありますが、こうした人材派遣業界も沖縄県へ進出しやすい利点がありますので、派遣業の正規雇用を狙うのも選択肢の一つかもしれませんね。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

沖縄県でSE転職したいなら、転職エージェントに相談しよう!

沖縄でのIT転職は案件そのものが少ないため、何より地元のベンチャーITや派遣業界や社内SEとしての業務を目指すことをオススメします。そうした求人情報が届きにくい現代でオススメなのが転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは無料で利用でき、地方に特化した細かな求人情報ももっておられますので、ぜひ一度活用してみてください。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら