fecaa31057d7c67dd19732a9972e8f75_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

高収入のSEになるには、現状から脱却すること

SE職の収入は、所属する業界や業種、勤務する企業によってピンキリです。個人差、個々人の能力差も大きいのですが、勤務先によってベースが違う場合が多々あります。

元々の給与ベースが低い二次請け三次請けの零細SIerや、IT系の人材派遣業の会社の場合は、クライアントである企業や派遣先の社員より格段に給与ベースが低いのが現実です。

SE経験を生かして、高収入を目指すには、年収ベースの高い企業に転職することが一番手っ取り早いです。

同一職種で、同じような仕事を担当していても、所属する企業を変えるだけで収入はグンと上がるケースは多々あります。同じ派遣先で同じ仕事を担当していても、複数のIT系人材派遣会社から派遣されて常駐しているような場合、所属する会社によって給与には大きく差があることも多いのです。

横滑り系の転職だけでも収入が上がることはありますが、高収入を目指すならステップアップするべきでしょう。

職種によっても、年収は大きく差があります。
一般的に「ITコンサルタント」が一番高収入で、「プロジェクトマネージャー」や「研究開発職」は平均5〜600万台年収と続きます。

次いで「SE・プログラマー」「サーバーエンジニア」「ネットワークエンジニア」です。所属する企業が大企業の場合などは「社内SE」がSE職の中では意外に高収入なケースも多く見受けられます。

「テクニカルサポート」「ヘルプデスク」などは、平均で年収400万ちょい程度です。

Web系は、まだまだ平均的な年収は低めの傾向があり、「Webプロデューサー/ディレクター」は平均年収400万台ですが、「Webデザイナー」「Web編集/コンテンツ企画」などの職種では300万台が平均となっています。

もちろん平均値なので、1000万を超す高収入のハイキャリアSEもいれば、働いても働いても収入が低いままの末端SEもいます。

高収入SEのいる業界や企業とは?

今後の20年30年先の展望は別として、現時点ではWeb系は新興でもあり年収ベースとしては高くない業界です。

一攫千金的な側面もありますので、当たれば大きいギャンブル的な要素も大きい業界ですが、スピード重視で過酷な労働環境のケースもありますので、向き不向きがあります。「Web系企業」にも優良な会社はありますが、入ってみなければ分からないような職場や、ブラックもどきの零細会社も少なくないのが現実です。

経験やスキルのあるSEであれば、思い切って「外資系企業」に転職するというのも高収入を得ることが可能です。SEから高収入を目指すなら、「コンサルティングファーム」を狙うという手もあります。コンサルティングファームの年収ベースは他に比べると格段に高いので、転職による年収上昇率はかなり大きく200万円アップした事例もあります。

「ネットサービス事業者」や「ソーシャルアプリケーションプロバイダ(SAP)」なども、人手不足で優秀な人材を常に求めていますので、同業界での経験者であれば年収アップ率も高いとされています。
どれだけの実績とスキルをもって、自分を高く売ることができるか?に尽きるのかもしれません。

不安定な業界でもありますので、転職を繰り返して業界内でステップアップしていくことがポイントになるでしょう。

SEから高収入の仕事への転職を成功させるには?

現状の保有している自分のスキルを、今の会社よりも高く評価してくれる会社に移動するというのが一番効率的です。

例えば、下請けのプログラミングがメインの現職の会社では評価の低いスキル、デザインや企画、ディレクション能力などクリエイティブなスキルを、必要としていて高い評価と報酬を約束してくれる企業もあります。

SE職の業務範囲は幅広く、上流から下流まで細分化されているケースも少なくありません。下請け孫請け、曾孫受けというような状態での最末端、下層階級のようなSE職に甘んじている人も大勢います。最下流の場合は大量の業務と忙しさにかまけて、自分のプログラムしているモノが何のために使われるシステムなのか?考える余裕がない歯車のような立場の人もいるでしょう。

ただし、転職する場合には自分の経験やスキルをしっかりと表現する必要がありますので、何をしてきたのか?何ができるのか?今までどんなシステムに携わってきたのか?を、しっかり把握しておいてください。

新しいスキルを勉強している暇がないと嘆く前に、現状の足元をキチンと冷静に把握し、細かく分析するとともに、全体像を想像してみる習慣をつけることも大切です。末端の歯車で終わってしまいたくなければ、使われる側から使いこなす側に移動するには、何事も全体像を見通すような視点や視野が必要です。

SE経験を生かして高収入の転職を成功させたいなら、まずは、自分が今現在持っているスキルや能力を洗い出して、自分の転職マーケットにおける市場価値を把握することです。キャリアコンサルタントのプロの目で、自らの商品としての市場価値を現実的にチェックして貰うことも有効な手段です。

現状からの脱却と新天地を探すためには、ステップアップのためには、転職エージェントに相談してみることが第一歩です。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら