9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

年収1000万以上のSE職とは?

一般的なSE職で年収1000万円以上を確保するのは、かなり難しいことですが、プロジェクトリーダーやマネージャーを経験してから、管理職になっていくルートであれば、40代50代で年収1000万円オーバーは珍しくないケースです。

大企業のSE職の場合、30代あたりで自らのキャリアパスとして、管理職ルートと技術職ルートを選択させるという企業もあります。後進の指導を行いつつSE職の技術トップとしての活躍していたり、研究職として新しいプラットフォーム開発に携わっていたりするような場合は、技術職ルートで年収1000万を確保しているケースもあります。

中途採用の求人情報でも、外資系企業やコンサルティングファーム、東証1部上場企業などでは、年収1000万円をオーバーする求人を見かけます。SE職で高度な技術を極めているケースや、SEコンサルタント、プリセールスなどの職種では、年収1000万円の求人もあります。

例えば

  • 外資系コンサルティングファームでの金融系ITコンサルタント職
  • 日系コンサルティングファームでのSAPコンサルタント職
  • 外資系ITメーカーでの法人営業SE・プリセールス職やコンサル営業職
  • 総合商社でのIT戦略担当のプロジェクトマネージャー職

などなど

コンサルティング能力を保有した人材、企業の経営トップなどを説得できる営業スキル、戦略的な人材管理のできるマネジメント能力など、専門的な業界知識や技術だけでなくプラスアルファの能力やスキルに長けた人材が、求められています。

年収1000万以上のSEに必要なスキルとは

SE経験者から年収1000万円というと、例えば外資系のソフトウェアベンダーのマネージャーとか、国内系SI企業の部長職クラス大企業なら技術職マネージャーのクラスでしょう。

既に現場のSEとは担当する業務も、保有するスキルや経験も異なるレベルになってきますが、ベースには技術的なスキルと専門的な業務知識だけでなく、マネジメント能力や企業に利益を与えることのできるビジネス的な視点が不可欠です。

年収1000万オーバーという高収入を確保しようと思うなら、会社にそれだけの利益を与える必要があります。当然ながら経営に関わる知識や、新規のビジネスを創出する能力なども必要になります。

「ビジネス創出力」「ビジネス創造力」とは、セールス・マーケティングスキルと呼ばれていて、年収1000万円を目指すSEなら必要不可欠なスキルです。通常のSE職の「システムを仕様に忠実に、確実に製作する」というレベルではなく、更に「プロジェクトを自ら企画・発掘し、受注を獲得して、確実に納入できる」「企画プロデュースして、高く売り込んで、会社に稼がせる」レベルです。

コンサルティング能力

コスト管理や人員管理、会計の知識や判断力、中小企業診断士などの資格や準じたスキル、経営視点、論理的な思考や分析力、顧客の悩みを聞いて解決するためには、どんな商品を組み合わせて構築するのかという戦略的思考、問題解決能力などトータルでのコンサルテング能力が重要です。

マネジメント能力

プロジェクトを管理して人の手配から、クライアントとの交渉、大規模プロジェクトの指揮官として総合的にプロデュースし、事業をマネジメントする能力です。クリエイティブ系のSEであっても、1スタッフとして優秀なだけでなく、自ら見積もりしスタッフをけん引してディレクションしたり、組織マネジメントもできるような能力が必要となります。

コミュニケーション能力

大きなプロジェクトを仕切るには、最終的な決定権を握る相手との相性やメンバーのスムーズな関係性、炎上してしまったプロジェクトなどの修羅場なども、結局は人と人とのかかわり合いの部分で左右されるケースもあります。顧客ニーズを正確に把握し、更に一段上レベルの提案をおこなうには、やはり信頼関係も大切になってくるのです。

フリーランス能力

日本ではフリーランスのような業務形態で、年収1000万以上というケースはまれですが、海外では珍しくありません。テクニカルなスキルだけでなく、人脈や業務知識を駆使して「よりユーザー利便性が高く、業務効率が上がるシステム」の提案を行って、案件を獲得し稼ぐパターンです。

いつでもフリーになれるハイレベル能力があれば、高年収を得ることも可能ですし、転職を繰り返すことでハイキャリアな人材として市場価値が上がっていくパターンもあります。

年収1000万円以上を目指すためのキャリアプランの構築

SEから年収1000万以上を目指すためには、自分の現状と目標を達成するためのキャリアプランを立てていく必要があります。

現状の自分に足りないスキルや経験、学ぶべき知識など、キャリア形成していくために必要なモノを確認し、目先の年収だけでなく、中長期的に自分の価値を上げていくことが重要となります。

専門性の確立なのか、ゼネラリストとしての方向性なのか、コンサルタントを目指すのか、人それぞれのキャリアプランがあります。キャリアコンサルタントに相談しつつ、年収1000万円以上を目指すためのキャリアプランを構築していくことがおすすめです。

キャリアアップのために、キャリアプラン構築のために、転職エージェントを活用するのも良い手段です。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら