486cac230eb2771f435d6c1dd21c17e3_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

まったり転職するなら社内SE

激務とされているSE職、特に零細なSIerで二次請け、三次請けの会社に勤務するSE職の場合は、もっとプライベートな時間が欲しい、まったりと仕事をしたいと望んでいる人も多いでしょう。

SEの仕事やITに関わる業務は好きで、SE経験を生かして転職したい、でも激務では無く、まったりした仕事をしたいと望むSEたちに、大人気なのが「社内SE」です。

もちろんどんな会社に入社するのかにもよるのですが、一般的に下請けSIerよりは余裕のある勤務環境とされています。ハリバリと稼ぐSE職よりは、給与や年収面では物足りなくなるケースもあるようですが、まったりを優先するなら「社内SE」という職種を選択するのもよいでしょう。

社内SEのメリットとして、転勤などはほとんどないこと、時間的に無理な残業などの可能性も少ないとされていて、金銭面よりもプライベート重視で、少し落ち着いて人間らしい生活をしたいという大手IT系コンサルテスングファームやSIerの人たちの駆け込み寺のような存在つなりつつあります。

「四六時中仕事に追われるような日常から、〆切に束縛される時間が減って、自由な時間が増えたため、家族ともゆっくり過ごせるようになった」「ストレスが圧倒的に減り気持ちにも余裕ができて、一つのシステムにじっくりと向き合えるようになった」という社内SEもいます。

社内SEの職務もいろいろで、社内の独自開発のシステムを担当するケースもあれば、ほとんど社内のヘルプデスクのようなサポート業務がメインのケースもあります。社内のIT担当として、なんでも相談されたり丸投げされたりすることも多々あるようですが、バラエティに富んだ仕事で雑務も多いけれど、皆に感謝されるのも嬉しいという社内SEも少なくありません。

パリバリやっていたSE職なら、退屈になってしまったり、社内のITリテラシーの低さにイラついたりすることも多々あるかもしれませんが、情報セキュリティの重要性もあって、社内SEの役割は増えています。

社内SE職に向いている人

社内SE職に向いているタイプは

  • 仕事に関する知識や能力を、自ら習得する意識のあるタイプ
  • 企画段階から要件定義の段階までIT全般を取りまとめたいタイプ
  • 会社の利益や経営を理解した上でシステムを作りたい人
  • 業者からの見積もりを読み取れる人

社内SEは、自分自身で仕事を作り出すような側面もあり、自分の作ったシステムが活躍している実感が得られやすい、社内でのやりがいを見いだせる職種です。まったりすることだけを目的とした人よりも、実は上昇志向のあるタイプが向いているとも言われています。

IT職にこだわらないなら事務職が楽

SE職に疲れてしまい、IT系職種にはこだわらず事務職に転職したいと思う人も少なくありません。特に女性の場合は、激務で身体を壊しそうなSE職から、結婚や妊娠などを考慮して事務職への転職を望むケースも多々あります。

事務職のメリットとしては、SE職のような納期や〆切に追われての残業続きということは少なくなるでしょう。正社員に限らず、派遣社員としての働き方や、パートや事務バイトなどの働き方の多様性も魅力です。実際に家庭と仕事の両立させたいとして、年収は格段に落ちたとしても事務職を選択する女性も多いのです。

ただし男性の場合は事務職での求人は多くありませんし、採用側もアシスタント的な事務職には女性を求めることが多いのが現実です。給与面の問題もあり、専門性が無い事務職の場合は男性の転職は厳しいかもしれません。

事務職にもいろいろありますが、貿易事務や経理事務など専門性のある事務職でも派遣社員で補う企業も増えてきていますので、正社員での転職は難しいです。

若い人であれば給与も低く抑えられるため、SE職で培った正確で素早いデータ入力スキルを生かして、入力オペレーターとして転職することも可能かもしれません。IT系のサポート職として、ヒアリング能力やクレーム対応能力などSE経験を生かしての転職という道もあります。

まったり希望の転職は会社選びが重要

過酷なSE職に嫌気がさしての転職であれば、まったり仕事のできる職種を模索することよりも、まったり仕事に取り組める会社を選んだ方が無難です。SE経験を生かして、もっと人間らしい仕事がしたい、激務から解放される転職をしたいというのは珍しくないのです。

面接時に、企業側に「のんびりしたいので御社に入りたい」というのはNGとしても、本音ベースでエージェントの担当者に「激務では無い会社希望」とするのは、よく聞く話です。転職の希望条件として、露骨に「のんびりしたい」「まったりできる仕事」というのも疑問ではありますが、転職エージェントに正直な希望として伝えることは問題ありません。

転職先を選択するときの優先順位として、「給与や勤務時間、勤務地」などの条件面でだけでなく、「職場の労働環境」や「残業時間」「休暇の取りやすさ」「職場の雰囲気」などの働き心地という面を重視するのもよいでしょう。人それぞれの考え方や価値観があり、求人情報を眺めただけでは分からない部分も大きいので、生の情報を収集する必要があります。

求人サイトや求人広告では、入社しないと分からない面も多々あります。キャリアコンサルタントや転職エージェントには、今まで転職させた人からの情報が蓄積されていたり、求人企業の担当者とのヤリトリで本音を得られていたりもしますので、有効に活用することをおすすめします。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら