70390ddca54a90f500cc6b98f4fb4bd1_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

メーカー系SEとは

IT業界のシステム開発とは、建築業界のピラミッド構造と非常に似通っていて、同じようなピラミッド構造でITゼネコンと呼ばれています。所属している組織、企業が上にあるほど上流工程を担当でき、給与や待遇などの労働条件もよいのですが、ピラミッドの下の方は下請け(二次請け・三次請け)となり、末端のプログラミングやコーディングなどの作業系の業務として下流を担当することになります。

下請け、孫請け、曾孫受けなどになると、建築業界と同様に末端の現場作業員と同じで、末端SEという扱いとなり待遇も給与も低く抑えられています。

メーカーとはコンピューターなどの製品を製造しているメーカー企業で、グループ企業や子会社も含めて「メーカー系」と呼びます。大手の電機メーカーなど、日本有数の大企業というイメージで間違いないでしょう。

例えば、NEC(日本電気)、富士通、IBM、三菱電機、キャノンなどの、製品を作っているメーカーを指し、そのグループ企業のシステム開発会社なども含めてメーカー系と称します。

これらの大手メーカー系企業が、大規模なシステム開発の受注を行い、上流工程を担当して下流工程を下請け(協力企業と呼びます)などへ発注していくというパターンです。大手メーカー系企業は、親会社からのビジネスが半数を占めるため、経営も安定していることが多く、親会社と同様の給与水準や待遇を労働組合が保証しているため、とても優良な転職先企業と言えるでしょう。

ただし、老舗大手企業の例にならい新卒からのプロパー採用がほとんどで、中途入社の人材求人はあまり多くないという特徴もあります。

グループ内でプロジェクトを担当するケースも多く、優秀で有望なSEなどは、子会社から親会社メーカーに転籍するケースも多々あります。従来の親会社と子会社という縦割りでの天下り系の人材移動だけでなく、大企業ならではの人材の豊富さにて優秀な人材を適材適所で流動的に配置する企業も増えています。リストラやグループ企業の統廃合などで、否応なく流動化しなければならないという側面も少なからずあります。

社風なども、メーカー系グループでは共通しているケースが多く、外部からの中途入社の場合は、馴染めるかどうかも転職の成否を左右します。

メーカー系SIer企業

メーカー系SIerというのは、PC等のハードウェアを作っている親会社を持つシステムインテグレーター(System Integrator)で、通称としてSIer(エスアイヤー)と呼びます。個々のシステムをまとめあげて、それぞれが正確に作動するようにシステムを完成させる「システムインテグレーション(SI)」をおこなう企業です。

老舗の大企業のシステム部門が独立して子会社化したケースが多く、親会社と一体となり巨大なシステムを構築するケースがほとんどで、官公庁や社会的なインフラ整備、防衛に関わる産業などを主なクライアントとしています。大規模システムの上流工程を担当し、ITゼネコンのピラミッドのトップに位置する企業群です。

他に、金融や鉄道などユーザーである企業を親会社として、情報システム部門が分離独立した「ユーザー系SIer」や、それ以外の「独立系SIer」があります。末端の下請け孫請けに該当し、タコ部屋と称されるSEが所属するのは、主に零細な独立系SIerがほとんどです。

メーカー系SEのメリットとデメリット

メーカー系SIerのメリットは、なによりも安定性です。親会社である大企業が官公庁などから受注した案件について、システム部分を親会社から受注するパターンがほとんどのため、何年もかけて大規模なシステムを構築することになります。

ひとつの案件に上流部分から関わり、大規模なシステムをトータルで担当することになりますし、稼働した後も縁が切れることはありません。

産学共同でのプラットフォームの研究や、ネットワークの基盤作りなどで、会社では無く大学の研究室などに何年も派遣されて勤務し、共同研究するケースもあります。

大企業である親会社と同等の給与レベルや福利厚生などがあり、年収の浮き沈みは少なく、ある程度は確実に年功序列の風土が残っていますし、リストラがあったとしても退職金の上乗せなど保障される部分は大きいです。

デメリットとしては、ハードは親会社のPCやサーバーなどに限定されるため、仕様などで厳しいこともあるかもしれません。

給与ベースは高めで年収的には安定し、昔ながらの和の精神をモットーにした社風が多く、のんびりした雰囲気もあります。一攫千金的な稼げるSEとは趣が異なりますので、実力主義で成功したい人にはデメリットとなることもあります。

メーカー系SEに転職するには

メーカー系SIerのSEになるのは、狭き門だと覚悟することが必要です。まずは中途採用をする気風は少なく、基本的には新卒からじっくりと育てる方針なので、求人が少ないこととです。

まれに、新規事業の参入案件などで求人があっても、経営に関わる部分に直結するためオープンにせず非公開のことが多いです。メーカー系SEに転職したいなら、多くのメーカー子会社の求人にもアンテナの感度を上げておき、グループ企業から頭角を現すという方法もあります。

大手企業の非公開求人を扱っている転職エージェントに登録し、じっくりとタイミングを計るのも良いでしょう。社風も合わないケースがありますので、そのあたりの情報が豊富な実績のあるエージェントを選ぶことが重要です。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法