4d9ed1af157247e87c8fe50032c1bb10_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

ユーザー系SEとは

IT業界におけるユーザー系とは、親会社がもともとはシステムを使う側のユーザーの立場だった企業であり、親会社のシステム部門が独立した子会社・グループ企業ということが多いシステム会社です。

商社や金融・鉄道などの親会社の情報システム部門を、コスト部門では無く稼げる部門として独立させ、主にグループ企業内のの案件を受注してシステムを構築しています。

メーカー系とは異なり、ハードウェアを製品として作っている親会社では無いため、必要に応じてさまざまなハードを使用したシステム構築ができるのが特徴です。最近では、グループ内の案件だけでなく、積極的に他社から受注をするユーザー系SIer企業も増えています。

大手のユーザー系から、中小のユーザー系まで、さまざまな企業が存在します。

ユーザー系SIer企業

ユーザー系SIer企業とは、ユーザーである親会社のために、親会社の業務を円滑に進めるためのシステムを構築することが、基本業務であるシステムインテグレーター(System Integrator)です。

銀行や証券、商社、運輸、交通、流通、製鉄、エネルギー関連、保険、シンクタンクなど、さまざまな業種の大手企業のグループ内の事業活動のためのシステム案件を、主に受注する情報システム会社です。

通信系ではNTTデータやNTTコムウェア、商社系としては伊藤忠テクノソリューションズ、住商情報システム、ユニシスなどがあります。金融系や保険・証券業界、鉄道系のJR関連など、運輸ならヤマトシステム開発、広告、製鉄、エネルギー関連企業などもあります。シンクタンク系は、コンサルティング系と呼ばれることもあり、野村総合研究所、三菱総研、みずほ情報総研などです。

基本はグループ企業内のシステム開発(上流高低から下流まで)と、その後の保守運用も担当業務となります。

ユーザー系のメリットとデメリット

ユーザー系SEのメリットは、親会社の業種における業務ノウハウに精通できることで、専門分野が確立しやすいということです。

銀行が親会社であれば、金融系の専門知識を基にシステム構築することが必要になりますし、最近は金融合併も多く、証券業界や保険境界との業務流動化もあり、さらに専門知識が必要とされています。

ユーザー系企業は、各業種の独特な商慣習などにも精通し、特有の問題点などを洗い出すのにも長けているケースが多々あります。業界のシステム専門家として、スペシャリストを目指すことが可能なのがユーザー系企業です。

システム構築の上流工程から開発、その後の保守運用などまでトータルで、長期にわたってグループ内の面倒をみることになるため、次の仕事に対する不安が少ないのもあります。自分が担当したシステムが稼働し、ユーザーに利用されているのを目の当たりにしたりすることも多く、SEとしての達成感やヤリガイが得られやすいのも特徴です。

開発スキルが不足していたり、適性が無かったりしたような場合は、電算室やサーバー保守や、運用サポート部門などに配置転換が可能という側面も、ユーザー系のメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、業界の深い専門知識は得られますが、他の業界のことは分からないケースが多いことです。グループ内の保守案件で安定しているためか、中小のユーザー系の場合は営業力の弱い会社も多く、常に開発をしているというわけではないので、開発プロジェクト経験が少ないという傾向もあります。企業にもよりますが、開発プロジェクトの案件数はメーカー系や独立系の方が多いので、経験値を上げにくいのもデメリットです。

給与面や待遇面などは、大手のユーザー系であれば親会社と同等で安定していますが、中小のユーザー系の場合はいろいろで会社選びが重要になります。

ユーザー系SEに転職するには

ユーザー系SEに転職するには、ユーザーである業界の専門知識や経験が必要になります。業界内での横滑り的な転職であれば、スキルと経験、知識次第で高給での転職の可能性も高くなります。零細のSIer企業からのユーザー系SIerへの転職の場合は、その業界での開発案件に末端SEとしてでも携わった経験があれば、アピールすることが可能です。

その業界に独特の風土がありますし、専門用語など共通認識ができるかどうか? が、採否を分けるケースもあります。特に鉄道系などは、趣味としても鉄道大好きな人が多いというのもありますので、その業界が苦手だったら辛いでしょう。

ユーザー系SEから転職するなら

ユーザー系SEの特徴としては、ユーザーの業務の効率化に必要なシステム、使えるシステムや新技術であるどうか?の視点で考える人が多く、「技術は使い方次第」という観点がメインです。

メーカー系SEの場合は「この新技術を、ニーズのある会社に売り込む」と観点が基本なので、意識改革が必要です。

開発プロジェクトの経験数が少ないのもスキル不足とされやすくアピールしずらい部分なので、やはり専門業界の知識を生かしてユーザー利便性を重視した転職先を選ぶことがポイントになります。同業界内での転職であれば、比較的容易とされています。

キャリアプランの検討とともに、転職先の選定も重要ですので、業界に強いキャリアコンサルタントや転職エージェントに相談することが、転職成功につながります。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら