a3bca224a2bb04f62965d743230b4c29_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

独立系SEとは

独立系とは、IT業界におけるメーカー系、ユーザー系が親会社があり情報システム担当の子会社として成立していることと比較して、それ以外の情報システム企業と位置付けられています。特定の親会社を持ず、独立独歩で頑張っている企業群として大きく独立系と呼ばれていて、システム関係の会社としては一番多い分類です。

大手から中小零細まで、幅広く混在しているのが独立系の特徴で、有名どころの大手システム開発会社もあれば、ベンチャー系と呼ばれる中小のソフトハウス、常に求人をしている入れ替わりの激しい零細企業もあり、転職の際には見極めに注意が必要です。

独立系SIer企業

大手の独立系SIer企業としては、CSK、トランスコスモス、大塚商会、TIS、富士ソフトといった大企業もあります。

多くはメーカー系や外資系の下請けや、ユーザー企業への情報処理サービスの提供、ハードウェアの販売(メーカーではなく販売)などから事業をスタートして、成長したパターンで、かつてはベンチャーだった企業です。

中小や零細の独立系SIer企業の場合、大概はメーカー系やユーザー系企業に派遣されることが多くあり、下請け・孫請けなどでシステム開発を担当し「協力企業」と呼ばれています。上流工程に参加できるケースはほとんどなく、末端のスタッフSEとして歯車的に利用されるSEも少なくありません。

零細企業の場合は、ITゼネコンのピラミッド構造の中では最下層の位置する場合が多いため、派遣先の大企業の社員との待遇面の違いに絶望感を覚え、転職を考えるキッカケとなります。

例えば、金融系の大規模システム開発のケースでは

「ユーザー系金融SIer」→「中規模・独立系SIer」→「小規模・独立系SIer」→「零細・独立系ソフトハウス」→「派遣」

下請け的な仕事が多い独立系SIerに勤務している場合は、同じプロジェクトを担当していても、重要な部分は任せてもらえませんし、全体を見通すこともできないケースが多く、責任も少ないですが成長も少ないです。

多忙で時間に追われることが多いですが、自分自身でスキルアップの努力をしなければ、ステップアップできない環境です。

独立系のメリットとデメリット

独立系のメリットとしては、アチコチのプロジェクトの参加することが多いため、多数のシステムに関わることができ、経験プロシェクト数は多いことです。幅広い業務に関係するために、いろいろな業務システムや、さまざまな言語を取得することも可能です。

大規模なプロジェクトに長くかかわった場合は、専門的な深い知識を得ることも可能ですし、逆に数をこなして広く浅い汎用性を身につけられるケースもあります。

教育制度が整っていない中小の独立系企業の場合は、自分自身が切磋琢磨して参加したプロジェクトや派遣先から積極的に吸収し、スキルアップをこころがけることが必要です。優秀な人材であれば高給を得ることもありますが、普通レベルのSEの場合は使い捨てのように扱われる場合も多々あります。

自由な気風や、ベンチャー的な要素の多い企業も多く、自分の腕一本で渡り歩きたいという、成功志向の若い人には人気がありますが、年齢を重ねて無理が効かなくなったりすると続かないような場合もあります。

零細企業の場合、年収も低いですが福利厚生も無いようなブラックな場合もあり、ある日突然のように倒産してしまったり、参加できるプロジェクト案件がなくなって待機を命じられたりすることも多々あり、安定性には欠ける場合が多いです。

名の通っていない中小の場合は、銀行の信用調査などで住宅ローンが組めないような場合もあります。

独立系SEに転職するには

独立系の企業にもいろいろありますので、独立系企業にSEとして転職するのなら、企業選定が一番の重要事項になります。どんな業務を多くあり、どのような仕組みで会社が利益を打上げているのか、将来性はどうなのか、中長期的な視点で検討することが必要です。

人材の流動性が高いのも独立系の特徴なので、転職することは比較的容易ですが、失敗したと思うことのないように、内定に飛びつかずしっかりチェックしてください。

幅広いスキルを身に着けるために、敢えて独立系にトライするというのは悪い選択ではないですが、身体を壊してしまうような勤務形態では困ります。頑張った分は、スキル習得や収入面などで見返りメリットになるような会社を選びましょう。

独立系SEから転職するなら

独立系SEからステップアップ転職を希望するなら、幅広い業務知識や経験をアピールすることがポイントになります。数多くのプロジェクトに参加した経験において、身に着けた経験値を踏まえ、更には上流工程にも関わっていればポイントは高くなります。

リーダー経験や、ヒアリング能力、折衝力、コミュニケーション能力などのヒューマンスキルや、分析力やロジカルな思考などもアピールできるポイントです。

自らの能力分析と経験の棚卸し、明確なキャリアプランの構築など、キャリアコンサルタントとともに戦略的に練ってみることがステップアップの第一歩です。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら