283fedb54fbbc49dd0bfbf7892102a24_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

運用エンジニアとして長年働いていると、マネジメントという立場になることが増えてきます。より高いレベルを求めて、システムの構築から運用、管理までを担うスペシャリストであるインフラエンジニアへの転職を考える人もたくさんいます。しかし、年齢に応じたスキルやキャリアを身につけておかないと転職できないシビアな世界です。

インフラエンジニアが「作る仕事」であるのに対して、運用エンジニアは「守る仕事」です。システムをゼロから作るためには、さまざまな技術や知識が必要になります。運用エンジニアをしているだけでは身につかないスキルもあるので、自分自身のキャリアアップを考えるなら努力し続けることが必要です。

インフラエンジニアへの転職、評価される資格は?

インフラエンジニアはSEから転職を目指す人も多く、注目されている職種です。需要も高まっていて、転職市場も活発に推移しています。SEよりも一般的に年収が高いことも人気の一因です。ネットワークの急速な発達に加え、クラウド技術の誕生などによりインフラエンジニアに求められるスキルは実に多様になってきています。

インフラエンジニアに転職を考えているなら、明確な物差しとして資格を取得しておくことをおすすめします。まずは、システム開発やネットワーク設計に携わるエンジニアを認定するためのテクニカルエンジニア(ネットワーク)試験がおすすめです。国家資格でもあり、取っておくと高い評価につながります。

また、LAN/WAN設定などの運営能力に関わるシスコ技術者認定民間資格も民間資格ながら認知度が高い資格です。そのほかにも、Linux技術者認定試験インターネット技術者認定など、様々な資格があります。

システムに関するあらゆることを担うインフラエンジニアにとって、どれも自分の力を証明するためにプラスになる資格です。

インフラエンジニアの仕事内容は?

どんな小さな会社でも欠かせないツールとなったインターネットをはじめとしたシステムやネットワークですが、そのネットワーク環境を設計、構築することからはじまり、運用やトラブル対応まで幅広く対応するのがインフラエンジニアの仕事です。

今や、ネットワーク環境は、それが途切れてしまうとあらゆる業務に支障が出てしまうほど重要です。家庭で言えば、水道や電気といったライフラインと同じくらい大切なものです。一見、地味ではありますが、重要なネットワークのすべてを担う、縁の下の力持ちともいえるとても重要な職業です。

具体的には、クライアントからシステムについてのニーズを細かくヒアリングし、インフラの設計を行います。システムに携わる他の人が見てもわかるような設計書を作るには、幅広い知識と高い技術力が求められます。作成した設計に応じて必要な機器を探して発注したり調達したりするのもインフラエンジニアの仕事です。それから、組み立てて実際にネットワークをつなげる作業も行います。セキュリティ対策やセットアップなど、セッティングに関わる業務も担当します。

ネットワークが稼働してからも、サーバーの負荷を監視したりアクセス解析を行ったり、システム全般の管理・監視も行います。突発的にサーバーに負荷がかかったりアクセスが増えたりということもあるので、臨機応変な対応が求められます。スピーディーかつ適切にトラブルに対応する能力は欠かません。

客先常駐の転職求人を回避するために

経験のない異業種への転職は、転職活動も手探りです。多くの企業との太いパイプを持ち、情報力に自信のある転職エージェントへの登録をおすすめします。特に、IT業界に特化した転職エージェントなら、刻々と変化するIT業界において、インフラエンジニアに求められるスキルや将来のキャリアプランなど、常に最新の情報が得られる貴重なツールとなり得ます。

たくさんの転職エージェントがあるので、自分に合った企業を見つけたい、大手企業を狙いたいなど目的によって選ぶことをおすすめします。客先常駐の常態化や過度の残業など、採用時に聞いていた条件とはかけ離れた勤務実態もあり、中にはブラック企業さえあると言われるIT業界ですが、プロのキャリアコンサルタントの目で見極めた求人は信頼できる情報が精査されているので、安心して利用できます。

転職エージェントは基本的に、求人情報を掲載している企業からの成功報酬で成り立っているので、利用者は無料で利用できます。IT業界に精通したキャリアコンサルタントは、職務経歴書やエントリーシートの書き方から面接対策まで、とても頼りになる存在です。転職エージェントをうまく活用して、憧れのインフラエンジニアへの転職を成功させましょう。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法