8f991c0a833c1278d9a4e07cd6d16405_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

若いころは残業も客先常駐もいとわず、ただプロジェクトを成功させるために必死で仕事をこなしてきたSEも、年齢を重ねてくると、将来のビジョンがはっきりせずに不安を感じたり、現場の仕事は何歳くらいまで続けられるのだろうと悶迷いを感じたりしている人もたくさんいます。SEの仕事は好きでも、体力的に自信がなくなってきた、という理由から転職活動を始める人も案外多いものです。

SEから転職を考える場合、全くSEと畑違いの仕事を目指す人も多いですが、せっかくならこれまで得たSEとしてのキャリアやスキルを活かせる仕事につくのがおすすめです。

もちろん、SEとしてのITスキルは高いものがありますし、ある程度年齢がいっていればマネジメントの経験も役立ちます。

金融業界でSEのキャリアを活かせる仕事

システム化・グローバル化が隅々までいきわたっている金融業界では、あらゆる場面でITスキルが必要になります。金融業界には、銀行・証券に関わらず、SEから転職する人を歓迎しています。個人がオンライン口座を利用することも多いですが、企業がネットバンキングを利用するケースも非常に増えています。たとえば、オンライン決済を行ったり、給与支払いもシステムから行ったりと、企業のさまざまな経済活動には金融業界のシステム担当者はやりがいのある仕事です。

金融業界でもSEの経験を生かせる、ITシステム関連の求人は、たくさんありますが、たとえば、ネット証券のシステム担当や金融システムの開発やプロジェクト管理など幅広い業務もあります。

金融業界は一般的に待遇が良く、給与水準も高いので、SEからの転職で収入アップできる可能性も高いです。また、社内SEを募集しているような金融系の会社は首都圏の大手銀行や証券会社が多いので、そもそもの条件が良いだけでなく、安定感も抜群です。転職サイトを検索してみるとたくさんの求人情報がヒットします。このように、金融SEはニーズも高まっていることから、将来性も高い職種と言えます。

また、金融業界は一般的に待遇が良い反面、異動が全国に広がり、その頻度も高いことが特徴です。しかし、金融SEは本社勤務となる場合が多いので、転勤の可能性も低く、また、SE時代のように客先常駐することはないので、安定して計画的に仕事を進められることも人気の理由です。しかし、金融は合併や再編が活発な業界でもあるので、その点は注意しておきたいところです。

SEが金融業界へで求められるスキル

専門性が高く、異業種からの転職もハードルが高い金融業界ですが、SEからの転職は決して少なくはありません。金融業界のITポジションを狙うなら、どのようなスキルが求められるのでしょうか?

年齢に応じたマネジメント経験も評価の対象になります。また、グローバルな取引が多い金融業界では英語力は必須です。そして、金融業界と一言で言っても、銀行や証券、保険やカード、投資顧問など実に幅広い分野があります。どれも似て非なるもので、職種ごとに細かい応募条件が設定されています。まずは、SEから転職するのにどの金融のどの職種を希望するのかを明確にする、もしくは優先順位を付けることをおすすめします。

金融SEへの転職を成功させるために

終身雇用制が崩壊した日本では、転職することは珍しいことではなくなりました。SEとして頑張って働いてきたけれど、まだまだキャリアアップをしたい、将来のビジョンを明確に持っていて、その目標に向かって進んでいきたい!と言う人は、効率的な転職活動を行えるよう転職エージェントへの登録をおすすめします。

中途採用の場合、SE時代の経験やスキルなどを勘案して、個別に年収を設定するので、面接で条件交渉を行う場合もあります。自分では希望の条件をなかなかストレートに伝えられなかったり、交渉そのものが苦手だったりする人も多いですが、転職エージェントなら担当のキャリアコンサルタントが間に入ってくれます。面と向かっては言いにくいことも、キャリアコンサルタントが代わりに条件交渉をしてくれます。

キャリアコンサルタントは常に最新の情報と市場動向に触れていて、その人が持つスキルやキャリアに応じた適切な条件を把握しています。企業の採用担当者とのパイプも太く、任せられる安心感があります。プロのキャリアコンサルタントならではの視点で見つけた転職情報は、非公開求人もあると言われています。

また、在職中に行う転職活動はスケジュールがハードになりがちですが、面接の日程を調整してくれるのも転職エージェントのキャリアコンサルタントです。金融系に強い転職エージェントもあるので、自分の目的に合うエージェントを探すことも大切です。転職エージェントをうまく活用して、転職活動をサクサク進めてみませんか。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら