344aefc14e6a44853b9d3935745d021a_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

IT業界でSEとして仕事をしている人なら「一度はなってみたい!」と言う人が多い社内SEですが、SEとしてのキャリアをある程度積んでいれば、思い切って転職を目指す人もたくさんいます。クライアントの顔が見える立場で一緒にシステムを作り上げていける、長期にわたってじっくりと腰を据えてプロジェクトに携われる、そんな社内SEはSEにとってあこがれの仕事です。また、SEに比べてワークライフバランスを取りやすい環境でもあるので、将来的に結婚や出産を希望している女性でも長く働けるという点も魅力的です。

企業のIT化、グローバル化が急激に進んできた今日では、あらゆる業種の企業に社内SEが在籍しています。これまでアウトソーシングしていたシステム構築やサーバー管理などのネットワーク関連業務を、すべて自社で行うことになり、社内SEの採用を積極的に行っている企業も増えています。

外資系企業の求人も多いことや、企業のグローバル化も進んでいて、語学力も求められています。TOEICのスコアなど、明確に自分の語学力をアピールできる材料があればなお良いです。

生命保険業界の社内SEに求められるスキル

生命保険業界に狙いを絞っているなら、保険業法や保険法などの業界知識も学んでおくことも欠かせません。24時間365日、インターネットでいつでも保険料の見積もりを算出できたり、家族構成や年齢などを入力するだけでおすすめプランを紹介してくれたり、売り上げに直結する便利なサービスを次々と生み出している生命保険業界の社内SEは、とてもやりがいのある仕事です。

専門性の高いスキルやキャリアがあれば有利ですが、転職するには20代後半~30代前半までくらいの年齢が一番市場価値も高く、SEとして3年ほどの経験があれば良い条件で転職できます。

採用する側は、業務知識とマネジメント能力、コミュニケーション能力を持っている人材を求めています。実際に転職を経験した知人や友人が周りにいれば、体験談を聞いてみるのも参考になります。

生命保険業界でのSEの待遇と将来性

様々な業界で社内SEは重宝されていますが、中でも生命保険業界の社内SEは採用ニーズが高く、転職市場もにぎわっています。本来なら、生命保険業界の社内SEとして携わるには、会計の知識や上流工程経験の経験が必要とされるケースが多いですが、人材不足で採用ニーズが高い状況だと、応募要件が緩和されるケースもあります。まだ年齢が若くてキャリアがそこまで積み上げられていない人にもチャンスがある業界です。生命保険業界も金融業界の一種です。金融業界は変化のスピードがめまぐるしく、SEの仕事も増えています。

業界そのものの給与水準が高いので、生命保険業界の社内SEもそれに応じて高い水準が見込めます。SEと比較すれば、年収アップとなる傾向が強く、期待できます。

生命保険業界のシステムは、高度な数理システムや金融工学のシステムなど複雑で数多く、高度な知識やスキルが求められます。自分自身のキャリアアップにもつながりますし、長い目で見て将来性も明るい仕事といえます。

生命保険業界といえば、以前は大手が独占している状態でしたが、合併などで再編が進んだり、外資系の会社がたくさん入ってきたり、市場が大きく変化してきた業界です。そして、近年の大きな変化と言えば、ネット生保の誕生です。

このように競争がますます激しくなってきた生命保険業界は、他社との差別化を図るためシステムの改善を行ったり新しいサービスを生み出したりと新しいステージに向っています。優秀な人材を集めることにも積極的で、社内SEの求人も増えています。

生命保険業界の社内SEへの転職に成功するには

SEの経験を生かして生命保険業界での社内SEに転職したい人には、転職エージェントを効果的に利用して、そつなく転職活動を進めることをおすすめします。生命保険業界の社内SEの求人は、転職サイトをはじめとしたさまざまな媒体で見つけることができますが、細かい雇用条件や実際の仕事内容など画面で見るだけではわからないことも、転職エージェントなら担当のキャリアコンサルタントに直にコンタクトを取って、相談に乗ってもらえるというメリットがあります。

転職活動をする場合、多くの人は在職中から活動を始めるので、面接などのスケジュール調整も行ってくれる転職エージェントのサービスはありがたいものです。生命保険業界の特徴や直近の動向なども良く知るプロのキャリアコンサルタントなら、よりよい求人情報を提供してくれます。

転職エージェントにもたくさんありますが、総合型とIT業界特化型とに大まかに分けられるので、SEの仕事を探しているならIT業界特化型の転職エージェントを利用するのが近道です。さらに、業種別の専門コンサルタントがいる転職エージェントなど、生命保険業界に強いエージェントを自分なりに選んで利用するのがおすすめです。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら