9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

医療業界の社内SEの仕事

医療業界でもSEの求人ニーズが高まっています。以前は診察室でカルテを手書きしていた医師も、今はパソコンにその場で入力したり、次の予約を取ったりしています。受付もすべてシステム管理されていることが多く、診察券そのものがICカードのようになっているなど、受付から診察、支払いまですべてがネットワーク管理されています。病棟でもすべての入院患者がシステム管理されていて、治療内容や投薬、栄養管理計算、点滴1本からすべてシステムで管理されています。

このようにさまざまなシステムを必要とする病院で働くSEの仕事は、ハードウェアの管理、ソフトウェアの開発、管理はもちろん、ネットワーク管理や情報管理、ユーザー教育に至るまで実に多岐にわたります。

医療業界の社内SEに求められるスキル

医療業界で働くSEはシステムについての知識だけでなく、医療の知識や専門用語、ワークフローなどを知っておくとプラスになります。院内SEを目指すなら、診療情報管理士という民間資格を取得しておくことも役立ちます。そして、日進月歩の医療業界でSEとして活躍するためには、継続して勉強して知識を深めていく覚悟も必要です。また、医療業界で働くなら、語学力も必要になります。

細かい応募条件や必要な資格、経験などは実際の求人を見てみると参考になります。SE専門の転職サイトもあるので、そのようなサイトで検索してみると、今、医療業界でどんな人材が必要とされているのかがよくわかります。新しい病院や移転したばかりの病院なら、システム部門が新設されてゼロから作り上げていくという楽しみもあります。SEから医療業界の社内SEに転職してキャリアを積めば、また新たなステージにステップアップできる可能性もあります。SEという一つの仕事を通してさまざまな業界を経験でき、その都度スキルアップすれば、また次の転職にも有利になります。

医療業界の社内SE、待遇と将来性は?

社内SEの待遇は一般的に給与水準は業界によって異なります。そして会社の規模によっても異なります。一般的には大企業のほうが好待遇を望め、給与の他、さまざまな手当や有給休暇、福利厚生なども大きな会社のほうが良い傾向があります。

また、勤務時間が一般的に長いと言われるSEに比べると、医療業界の中でも特に病院は比較的勤務時間や休日などが安定している職場なので、女性SEにも働きやすい環境といえます。

SEの平均年収を業界別でみると、外資系企業や金融業界に続いて、医薬・医療業界も年収の高い業界です。

SEの平均年収は、労働時間から鑑みると割に合わないと思っている人が多く、年収アップを目指して異業種に転職を若いうちに志す人も多いので、転職活動も割と若い年齢からスタートしています。医療業界未経験ではいきなり正社員としての転職が厳しく、派遣社員として医療業界に入り、経験を積んでから正社員にキャリアアップするというパターンもあります。

医療業界も、以前はIT企業から派遣されたSEが常駐してシステム開発や管理をしているケースがありましたが、現在は病院のシステム化が進んだこともあり、病院内にシステム部門を設けて、独自にSEを雇用しているところも増えています

医療業界の社内SEへの転職を目指すなら

医療業界に興味がある、自分のキャリアアップのためにSEの採用ニーズが高い医療業界にチャレンジしてみたい!という人は、転職エージェントに登録することをおすすめします。

SEの経験があっても、異業種に転職する場合、自分で転職先を探すのはなかなか難しいものです。転職エージェントは、それぞれ強い業界があって独自性をアピールしているので、医療業界に絞って転職活動をしたい場合は、医療業界に強いエージェントに相談するのが一番です。移り変わりの早い医療業界の動向も良く把握していているので、外からはなかなか見えない業界内の情報も得られます。

経験豊富なプロのキャリアコンサルタントは、医療業界とのパイプもあり、オープンに求人を出している病院はもちろん、非公開の求人情報を持っていることもあるので、積極的に転職エージェントを活用してキャリアコンサルタントとの関係をよいものにしておきましょう。

医療業界は業績が好調なので、条件の良い求人情報も望めます。条件の良い求人には、たくさんの応募が集まります。書類選考を通過して、面接にこぎつけるためにも、充実した内容の応募書類を作ることが求められます。

未経験の業界にチャレンジするのには、自己PRや志望動機などをその業界が求める人物像に合わせることがポイントです。自己PRや志望動機など、採用担当者が注目するポイントについてもプロのキャリアコンサルタントの指導を受けられます。医療業界に明るいキャリアコンサルタントの的確なアドバイスで、書類選考にも通りやすい応募書類を作れます。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら