8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

正社員SEの給料はどれくらい?

ご存知の通り日本の企業は「終身雇用制度」のある企業がほとんどで、一度採用してもらえば経営が厳しくなっても解雇される心配はありません。またIT企業や規模の大きな会社ほどスキルアップのためのサポートが充実している所が多いです。

一般的な企業の正社員SEとして働く人の平均的な月収は38万円程度と言われています。年収にすると500万円程度でこれは他の職種と比べると多い方ではありません。一方で外資系の企業だと年収がこれよりも30万円程アップするとも言われていますが、会社の業績が悪かったり、技術が全くないと近い将来のリストラ要員になりかねません。

正社員SEは「月の残業は100時間まで」と決められていたり、トラブルがあれば夜中や休日でも出勤しなければならず、過酷な勤務状況に関わらず収入にならないこと30代で転職を決意する人も少なくないようです。

契約社員・派遣SEの給料はどれくらい?

契約社員や派遣SEと言っても「派遣会社に登録して派遣される場合」や「フリーランスに近い形で企業と契約する」など様々なケースがあり、正社員と同様に残業代や諸手当をもらえるケースが多いのがメリットです。

他の職種では契約社員や派遣社員よりも正社員の方が確実に給料が高いイメージがありますが、SEはこの状況が逆転する傾向があるようです。なぜなら派遣会社にとっては技術の高い人を多く派遣することができるのが理由で、一般的なSEは100万円/人月とも言われていますが、ここから会社が必要な経費などを差し引いても毎月60万円程度はもらえる人がいるようです。

フリーランスSEの給料はどれくらい?

「フリーランス」とは簡単に言えば「個人事業主」のことで自分の技術を直接企業に売り込んで契約したり、エージェントを介して企業を紹介してもらう場合もあります。誰でもエージェントになろうと思えばなれますが、やはり経験や技術がないと仕事をもらうことができません。

正社員や派遣社員でSEをしてきてフリーランスになったとたんに給料が大幅アップしたという話はよく聞かれます。月収は70万円前後年収にすれば1000万円近くになる人もいるようです。これだけ高い報酬をもらうことができれば、モチベーションも上がりやすくなるのではないでしょうか。

安定を求めるなら正社員/腕に覚えがあるならフリーランス

上の項でも説明したようにどんな職種、業種でも正社員なら解雇される心配はない分、残業の多さの割には収入が少なく不安に感じる人もいるようです。それでも「お金も大切だけど安定感が大事」という人には正社員がおすすめです。

一方で「自分の技術に高い自信があり、できるだけ収入を得たい」という人はフリーランスがおすすめで、フリーランスは技術だけでなく「コミュニケーション力」「マーケーティング力」、そして「日々の健康管理」も重要になってきます。フリーランスは収入が高いと言っても安定性が少なく、少しでも休むと収入減につながってしまう可能性があります。

これらのメリットとデメリットを参考にして自分に合った働き方を選ぶことをおすすめします。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら