1017cdaa80cf06e2c8801eb7d2b0812c_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

正社員なのに派遣のような客先常駐SEの実態

客先常駐SEはお客様の会社に常駐して業務を行います。もちろん自社の正社員ではありますが「派遣と何が違うの?」という疑問を持つ人がほとんどだと思います。給料が払われるのは自社からで、常駐先の企業と実際どのように契約されているのかが分からない人がほとんどです。

ちなみに客先常駐といってもいくつかの契約方法があり、客先常駐SEのほとんどの人が「特定派遣」という契約がなされているということです。特定派遣とは社員として派遣元に雇用されてるものの、社員を企業に派遣することで、実態は派遣会社と変わりありません。派遣会社に登録している派遣社員は正社員ではなくフリーランスの人が多いくらいの違いです。

つまり常駐先の会社から「使われる」立場となり、与えられる仕事はどうしても下流工程の仕事になるため、スキルアップを目指すのは難しくなります。更に年齢を重ねれば単価が上がるため常駐先が見つかりにくくなり、必要がなければ使い捨てられてしまうのが当たり前になっています。

客先常駐させる会社の見分け方

「できれば客先常駐ではなく自社開発している会社に就職(転職)したい」と考える人にはある程度自分で見分けることは可能です。まずは就職情報に書かれている内容をチェックしたいです。

例えば「客先常駐なし、自社開発100%」「勤務先:弊社オフィスもしくは客先常駐」のような文言か書かれている場合があり、前者の場合であれば客先常駐になることはありません。また会社の組織図に「技術部」や「システム開発部」など開発をするような名前があれば自社開発を行っている可能性があります。

一方で会社設立から期間が経っていない新しい会社や社員数の少ない会社は客先常駐がある可能性があること、実際に面接に行った時に社員数に関わらず事務所内にいる人数が少なすぎた場合には客先常駐している人が多い可能性があります。

転職を決める前にエージェントから会社情報を得ること

上の項でも説明したように転職を決意した際には求人情報サイトを自分で調べる方法がありますが、実際に公開されている情報には限度があり自分が希望する会社をみつけるのは難しいという事態になりかねません。

そんな時にぜひ利用したいのが転職エージェントです。いわゆる転職のプロでIT業界専門の転職エージェントも存在します。自分の希望を伝えることでふさわしい会社を探してくれること、また転職のアドバイスから会社との直接交渉も行ってくれます。

更に転職のアドバイスから会社情報の収集、そして自分では知りえない求人(非公開求人)なども紹介してもらうことができます。転職エージェントには企業側からお金が払われるため、利用者はお金を支払う必要がない所がほとんどです。転職に失敗してブラックを渡り歩くような事態にならないよう、転職活動するときはエージェントを利用することをおすすめします。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら