f7ea0dff576f6a5e624a2efe0fda62b1_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

偽装請負とは

お客様の会社に常駐して業務を行う「客先常駐SE」にはいくつかの契約方法があり、そのうちの一つに「偽装請負」がありますが「偽装」と聞くとあまりよいイメージがない人もいると思います。

偽装請負はお客様の会社と実際の契約書上では「請負」として契約します。「請負」とは「決められた日までに何を納品する」という契約で、この契約に対して常駐先の会社から自社にお金が支払われ、労働者も給料をもらうことができます。

請負は「仕事を完成させる」ことが目的の契約なので常駐先の会社が指示を出すことはできませんが、実際には常駐先からの命令を受けて業務を行わなければならず、これは「派遣契約」になってしまいます。言い方は悪いですが労働者にとっては「コキ使われるだけ(“奴隷扱い”なんて言葉も)」の最も好ましくない不利な契約です。

偽装請負のメリットと罰則

結論から言えば「偽装請負」は違法行為です。それでも行う業者が増えているのにはメリットがいくつかあるためです。

例えば契約の際に支払われる金額が最初から決められているため、労働者が残業をしても休日出勤をしても常駐先の会社にとってはこれらの手当てを支払う必要はありません。派遣よりもコストを安くすることができます。労働者にとっては自社からこれらの手当を払ってもらうか、サービスになってしまいます。あまりにもサービス残業が多い場合には偽装請負の可能性があると思った方がよいでしょう。

また請負の場合は万が一の事故の際の労災保険料を常駐先の会社が支払う必要はありません。PGやSEの仕事は大きなケガをするような事故が起こる可能性は少ないですが、もし何らかの事故があって労災保険の申請をすると偽装請負という違法行為をしたことがばれてしまうため、労災が認められることはありません。

万が一偽装請負がバレてしまうと派遣元の会社も派遣先の会社にも懲役刑や罰金刑、悪質な場合は今後の業務停止命令などが課せられる可能性があります。

偽装請負は告発すべきか

当たり前のことですが自社から「あなたを偽装請負契約で客先に派遣します。」とは言われません。ほとんどの人が偽装請負だということを知らずに客先に長期間派遣され、体を壊してしまったというケースも実際にあるようです。

それでも上の項でも説明したように労災を申請しても認められる可能性は少なく「泣き寝入り」ということにもなります。更に労災が起こった人の中で「告発すべき」と悩んで告発し、裁判になったケースもあるようです。

それよりも年齢をこのまま重ねることで転職したくても次第に不利になっていくため、早めに転職することを考えた方がよいでしょう。告発するためのエネルギーをぜひ転職活動に向けて一刻も早く新しい生活をスタートさせた方がよいでしょう。また自分で転職先を探すのも大変なので、転職のプロである転職エージェントを上手に利用することをおすすめします。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら