9e7adcce703b01f6ffc49ee9831a1ad2_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

独立系・ユーザー系・メーカー系って何?

「SIer(システムインテグレーター)」はソフトウェアの設計から開発、保守、運用まで一連の業務を行うIT業者をいいますが、更に細かく分けるとSEやPGが働く場所には主に3つの種類があります。

一つ目に「独立系」とは親会社もなく、システム開発を専門に行う、独立経営を行う会社のことです。ユーザー系やメーカー系に属さずに、ソフトウェア業界に属する多くの会社がここに属します。

二つ目に「ユーザー系」とは基本的には親会社のためにシステム開発、保守、運用などをする子会社のことです。商社、金融、鉄道、電力、保険などの情報システム部門が自社のシステムを作るために独立して作られた会社が多いです。

そして三つ目に「メーカー系」とはコンピューター関係の製品を製造している電機メーカーのソフトウェア開発部門が独立した企業や、その傘下にある企業のことをさします。

独立系・ユーザー系・メーカー系の違い

独立系、ユーザー系、メーカー系と言っても大手から中小まで様々で、それぞれで働くことにメリットとデメリットがあります。

独立系で働くことのメリットと言えば「様々な業種の会社から仕事を受けることができる」ということで、幅広く知識を身につけることができます。特にメーカー系では「最初はPG、入社5年目からSE」なとど決められている所もありますが、中小の会社だと入社して早くから上位工程の仕事をすることもできます。一方で場合によってはユーザーの会社に常駐して仕事をしなければならないこと、そして不景気の時に倒産のリスクが中小企業ほど高いです。

そしてユーザー系では親会社のシステムに関することしか身につけることができませんが、逆を言えばその道のプロになることもできます。SEとしてスキル面で不安がある場合は保守など別の業務に回ることも可能です。

最後にメーカー系で働くことのメリットは大手ほど会社に万が一のことがあっても親会社が助けてくれるため「安定性がある」ということです。一方でシステムを開発すると言っても「親会社のコンピューターを使う」など限定されると、仕様によっては難しくなることもあります。

SEとして働くならドコがおすすめ?

自分が「今後SEとしてどのように働いていきたいか」によりますが、幅広く知識を身に着けていきたいのであれば独立系、例えば「金融システムだけ詳しくなりたい」というような一つの分野のプロになりたい人にはユーザー系、そして安定性を求めるのであればメーカー系がおすすめです。

最も気になる収入について、もちろん会社の規模や業績により差はありますが、この3つで比べるとやはり独立系が少ない傾向にあります。ユーザー系やメーカー系は大手になるほど高収入が期待できることは言うまでもなく、子会社に出向することで手当てがつきやすいです。それでも独立系で働くSEでも年収1000万円以上と言う人もいるので実際に働いてみないと分かりません。

今の会社を不満に思って転職を検討している人は、これらの点を踏まえて自分の希望に合った会社を選びましょう。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら