7ca81096a5d6890fca0629997f12f049_s

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法

ITコンサルタントの仕事内容

IT系の業務区分には「PG」の他、「SE」と「ITコンサルタント」があり、どのような違いがあるのか明確に定義できる人は少ないはずです。

ITコンサルタントの仕事内容は「お客様からの希望を最適な形で現実化するための提案をする」ことです。「現状の業務内容の分析」「課題は何か」「課題を解決するためにはどうすべきか」「どのような方法(手法)でシステムを導入していくか」などを提案します。

そしてSEはITコンサルタントが行った提案に沿ってシステム化を進めます。「どのような言語を使って、どのようにプログラム作り上げる」というシステム設計から運用、システム化のスケジュールを立てることまで行います。そして開発は主にプログラマーが行います。

この3つの職種の中ではITコンサルタントが最もお客様に近い立場にありますが、SEでもお客様と接し、業務分析、要件定義、スケジュール管理なども行うため、ITコンサルタントとSEの仕事内容が被る所があります。

ITコンサルタントに必要なスキル

SEよりもITコンサルタントの方が上流工程の仕事になり、開発スキルや設計手法のスキルが必要なことは言うまでもありません。稀にこれまでにシステム開発をしてこなかった人がITコンサルタントになったことで、現実的にできないことを提案してしまい炎上してしまうこともあります。

そして上でも説明したようにITコンサルタントはお客様と接する機会が多いため「コミュニケーション力」は必要です。もし相手と違う意見を持ったとしても受け入れることができる「素直さ」、そして「人柄のよさ」も必要です。

更にITコンサルタントもSEも一度プロジェクトが始まると長時間拘束され、自分の時間も作りにくくなります。また人間関係のトラブルが起こったり、スムーズに仕事が進むとは言い切れず「強い精神力」や「体力」も必要です。

スキル・キャリアの棚卸しをしよう

SEからITコンサルタントへ転職(キャリアップ)をすることを検討している場合、これまでにPGやSEとして積み上げてきたスキルやキャリアは有効です。まずはこれまでにしてきた経験をどのように活用するか、そして足りないスキルは何かなどの「棚卸し」をしましょう。

例えば「自分は今までに金融システムの開発をしてきたから金融に関する基礎知識はある」「JavaやPerlの開発をしてきた」「C/C++は全く無知」「マネジメントの経験はない」など、更にITに関する資格や英語の資格などもあればぜひ挙げておきたいです。

棚卸しができても自分で希望する転職先を探すことは簡単ではありません。転職に成功できるかどうかは転職のプロである自分にあった「転職エージェント」を選んで相談することが重要です。一般公開されていない非公開求人に出会える可能性も高くなります。

自分では「たいしたことではない」と思っているスキルも、もしかすると大きな武器になるかもしれません。棚卸しの仕方が分からない場合にも転職エージェントが手伝ってくれますので、ぜひ相談することをおすすめします。

SEが転職に失敗する理由

SEから異業種に転職するなら社内SE、IT業界で転職するなら自社開発エンジニアが鉄板です。

しかし会社選びに失敗すると、社内SEは単なる事務職扱いだったり、自社開発エンジニアは外注管理ばかりでスキルが身に着かず、市場価値の低い人材になってしまうことも。

個人では知り得ない会社の内情を知る転職エージェントから転職先の情報を引き出し、転職先をしっかりと見極めるのがSE転職成功のポイントです。

SE転職先の選び方|常駐やめて残業減&年収アップした方法


異業種転職に役立つエージェント

リクルートエージェント

異業種転職するなら登録必須の転職エージェント最大手。転職エージェントの中で取り扱う求人数が最も多く、全国に拠点があるので地方へのUターン・Iターン転職にも使えます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら


IT業界での転職に役立つエージェント

type転職エージェント

IT業界専門のキャリアアドバイザーが多数在籍する、システムエンジニアの転職に強いエージェント。IT業界内でのキャリアアップ転職におすすめです。

type転職の公式ページはこちら